주요 기사 바로가기

中国山東省に中距離弾道ミサイルを配備…韓国と日本が射程距離内

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.25 11:49
0
中国が山東省に新型中距離弾道ミサイル(IRBM)「東風(DF)-26」を配備したことが分かった。このミサイルは韓国と日本を射程距離内としている。

米国科学者連盟(FAS)核問題専門家のハンス・クリステンセン氏は21日(現地時間)、ブログに関連商業向け人工衛星の写真を公開した。衛星写真によると、中国山東省青州市南部にDF-26を積んだ移動型ミサイル発射台(TEL)が見える。該当衛星写真は8日に撮影したものだ。クリステンセン氏はブログに「青州市基地で13台のDF-26TELと3台の支援車両を発見し、これと別に5台のTELはミサイルを搭載していない」と書いた。

青州市には中国の核戦争力を担当する人民解放軍のロケット軍(PLARF)の基地がある。青州市からソウルまで直線距離は750キロメートル余りだ。科学技術政策研究院のイ・チュングン上級研究委員は「中国がDF-26を山東に配備した理由は韓国と日本、また両国の米軍基地を打撃するためにだろう」と話した。

DF-26のニックネームは「グアム・キラー(Guam Killer)」だ。米国のランド研究所は2016年中国が米国との戦争を始める場合、グアムのアンダーセン空軍基地に約100発のDF-26を発射して10日以上作戦不能状態にするものと予想したことがある。

米国防総省はDF-26の最大の射程距離を4000キロメートルと推定している。核弾頭はもちろん、在来式弾頭も搭載することができる。精密誘導機能を備えたため、航海中である米国航空母艦を攻撃する対艦弾道ミサイル(ASBM)としても活用することができる。

DF-26は韓国と縁がある。朴槿恵(パク・クネ)前大統領が2015年9月3日、中国の戦勝節70周年閲兵式に参加した時、中国は当時DF-26を公開した。朴前大統領が韓国と駐韓米軍基地を狙った中国の兵器を査閲台で見守っていたわけだ。

また、DF-26は北朝鮮のミサイル開発過程に影響を与えた。DF-26は準中距離弾道ミサイル(MRBM)のDF-21の交差点(1700キロメートル)を伸ばした改良型だ。DF-21の原形は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「巨浪(JL)-1」の陸上型だ。イ・チュングン委員は「中国が固体エンジンを使うJL-1を開発したが、性能が良かったためSLBMやMRBMとしても使っている」とし、「まるで北朝鮮がSLBM「北極星1号」に基づいてMRBM「北極星2号」を開発したことと同じ過程」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国山東省に中距離弾道ミサイルを配備…韓国と日本が射程距離内

    2020.01.25 11:49
    뉴스 메뉴 보기
    商業用人工衛星が撮影した中国山東省青州市中国人民解放軍ロケット軍基地。DF-26を搭載した移動型ミサイル発射台が見える。[写真 ハンス・クリステンセン氏のFASブログ]
    TOP