주요 기사 바로가기

「武漢肺炎、感染が疑われる患者なし」…韓国当局、中国に疫学調査官派遣へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.23 15:59
0
中国武漢で始まった「武漢肺炎」の感染が疑われる患者はもういないと、韓国保健当局が23日明らかにした。当局は中国現地で迅速に状況を把握して現地韓国人の保護を支援するため、国内疫学調査官を派遣することにした。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部長はこの日午前、政府ソウル庁舎で会見し、「調査対象の有症者として申告され、隔離された状態で管理されていた21人は、検査の結果、全員が陰性と確認された」とし「検査が進行中の有症者はいない」と述べた。検査を受けた有症者のおよそ半分は季節性インフルエンザと判明したと、鄭本部長は説明した。

この日まで密接接触者は計31人で、保健所の能動監視を受けているが、特異事項はないとも伝えた。鄭本部長は「毎日、症状の発生がないかモニタリングしているが、現在まで有症者はいない」と話した。

疾病管理本部は疫学調査官をこの日、中国現地に送ることにした。鄭本部長は「北京の韓国大使館に派遣する。ここを拠点に必要に応じて地域に移動する」とし「現地韓国人の健康保護、調査支援業務、情報収集などを大使館と進めていく」と説明した。

韓国国内で感染が初めて確認された35歳の中国人女性は現在、正常な体温よりやや高い発熱があるが、状態は安定しているという。鄭本部長は「症状が好転し、24時間間隔で遺伝子検査を2回して共に陰性である場合、疫学調査官と臨床医師が協議して隔離の解除を決める」と伝えた。

疾病管理本部は旧正月連休中、中央部処と関係部処、地方自治体が24時間の非常防疫体系を稼働して対応すると明らかにした。鄭本部長は「中国の旅行客が入ってくるため、1人の患者以外にも患者が生じる危険性が高まっている。対応体系を強化している」と説明した。

また、個人衛生守則を守るよう改めて呼びかけた。鄭本部長は「新型コロナウイルス感染症やインフルエンザは呼吸器で伝播する感染病で、せきやくしゃみで伝染する。せきやくしゃみする時は必ず腕で口と鼻を覆ってするようマナーを必ず守ってほしい」と強調した。

一方、世界保健機関(WHO)は22日午後10時(日本時間)、新型コロナウイルス関連緊急委員会を開いたが、国際公衆保健危機状況宣言と関連判断を留保した。鄭本部長は「5時間以上の会議にもかかわらず結論を出すことができず、きょう追加の会議を開くことにした」とし「WHOが危機を宣言しながら勧告事項を発表する。勧告の内容によって対応が変わるだろう」と述べた。

この日9時基準で新型コロナウイルス感染症の患者は中国だけで440人。マカオ、米国、タイなどでも8人の患者が確認されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP