주요 기사 바로가기

文大統領の娘ダヘ氏、「数年にわたり人格抹殺…もう我慢しない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.23 10:54
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の娘ダヘ氏が、これまで私生活と関連した疑惑を提起してきた自由韓国党の郭尚道(クァク・サンド)議員らに対し法的対応を準備していると報道が出てきた。

ダヘ氏は該当メディアに「数年間絶えず人格が抹殺される侮辱を受けた」としながら心境を直接明らかにした。

22日付国民日報によると、ダヘ氏はこのほど弁護士を選任して郭議員らを相手取り法的対応をすることにした。

郭議員は前日ダヘ氏の息子がタイの最高国際名門学校であるバンコク・インターナショナル・プレップ・スクールに通い、学費が年間4000万ウォンだと主張した。ダヘ氏の夫の就職をめぐる特恵疑惑も提起してきた。

ダヘ氏はこのインタビューで「虚偽の事実流布が度を越えており対応すべきと考えた。もう根拠のない疑惑、悪性デマなどは我慢できない」と明らかにした。

ダヘ氏は「くやしい部分が多かった。大統領の子どもという理由でぜいたくな暮らしはしていない。むしろ被害を受けることが多い。私を公人の立場に追い詰めて絶えず虚偽事実を流布し苦痛を与えている」と話した。

また「なにもかもが大変だ。『違うならいい』という形の疑惑が提起されれば私と家族は被害を受けなければならない。数年間絶えず人格が抹殺される侮辱を受けた」と訴えた。

続けて「大統領の息子、娘の私生活をさらすことが公益のためなのか疑問を感じた。公人が子どものために不公正な行為をしたのかは検証対象だ。だがいま行われているのはストーキングに近い」とした。その上で「特に子どもまで政治的目的のために犠牲にさせるのは耐えられない」と付け加えた。

郭議員の疑惑提起に対しては「タイに行ったこと以外は事実と異なる部分がとても多い。国会議員は国会で仕事をすべきなのに子どもの学校がどこにあるのか、夫がどこで働いているのか探している。国民が出した税金でストーキングをしている格好」と指摘した。

合わせて「インターネット上には『違うならいい』式の刺激的なフェイクニュースと悪質なコメントが度を越えている。多くの被害者が苦痛を訴えるがメディアは純機能をしないでいるようだ。おとなしく息を潜めて過ごすのは卑怯だという考えに至った。もう我慢しない」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP