주요 기사 바로가기

武漢肺炎の余波、東京五輪ボクシング予選は中止に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.23 09:38
0
中国武漢で開催される予定だった2020東京オリンピック(五輪)ボクシングのアジア地域予選が「武漢肺炎」のため中止になった。

共同通信は22日、国際オリンピック委員会(IOC)ボクシングタスクフォース(TF)チームの関係者の話を引用し、2月3日から中国武漢で開催される予定だった東京五輪アジア・オセアニア地域予選が中止になったと報じた。大会場所だった武漢は新型コロナウイルスの発生地。

中国国家衛生健康委員会は22日の記者会見で「武漢肺炎」の患者は計444人、死者は17人と明らかにした。中国旅行をキャンセルする韓国国民も増えている。

五輪予選は種目別団体が主管する。しかし6月に国際オリンピック委員会(IOC)は財政や指導力を問題視して国際ボクシング連盟(AIBA)の一切の権限を剥奪した。麻薬売買に関わる犯罪者のガフール・ラヒモフ氏(ウズベキスタン)が新会長に選出されたのが決定的だった。

結局、IOCが予選を主管することになり、渡辺守成・国際体操連盟(FIG)会長を中心にTFチームが構成された。当初、TFチームは武漢肺炎の発生後も大会を進行しようとした。これに対し大韓ボクシング協会をはじめとする数カ国が中止を要求した。結局、伝染の可能性が提起され、被害者が増えたことで、中止が決定したとみられる。IOCボクシングTFチームは23日に最終決定を公式発表するという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP