주요 기사 바로가기

北朝鮮、金正寛氏を人民武力相に任命…金正恩委員長執権後すでに8人目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.22 15:24
0
交代説が噂されていた北朝鮮人民武力相(国防部長官に相当)に金正寛(キム・ジョングァン)陸軍大将が任命されたことが22日、確認された。朝鮮中央通信など北朝鮮の官営メディアは前日(21日)開催された「森林復旧・国土環境保護部門幹部会議」のニュースを伝え、金氏を人民武力相と称した。

北朝鮮は昨年12月21日、中央軍事委員会拡大会議に続き1週間後に党全員会議(7期5次)全員会議を開いた。ところが、全員会議直後に北朝鮮が公開した写真には前任の努光鉄(ノ・グァンチョル)氏が消え、代わりに金正寛氏が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のすぐ後ろに立っている姿が確認され、人民武力相交代説が出た。人民武力相は軍の行政を総括する地位で総政治局長、総参謀長と共に北朝鮮軍の3大核心の地位とされている。

韓国政府は金正寛氏が中央軍事委員会拡大会議で人民武力相に就いたものとみている。政府当局者は「北朝鮮は当時、具体的な内容を明らかにしなかったが、中央軍事委員会の会議で組織(人事)の問題を扱ったと発表した」とし「4日間行われた全員会議に努光鉄の姿が見えなかったため交替した可能性が高いとみられた」と説明した。

金正寛氏は2012年、金総書記執権後8人目の人民武力相になった。1948年の政府樹立後、金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記時代を合わせて計8人が人民武力相を務めたのと同数に及ぶ「頻繁な」人事だ。金正日時代に総参謀部が人民武力省から分離されて以前よりも位相が低くなったとはいえ、人民武力相の頻繁な交替は忠誠心を誘導し、軍内部の規律を引き締めるためという分析が多く出ている。

金正寛氏は人民武力副相時代に金委員長の関心事業である元山(ウォンサン)・葛麻(カルマ)地区と温泉観光地の建設を指揮したことで知られている。したがって、金委員長が建設工事に満足感を示し、責任者を昇進させて模範を作ろうとする意図が込められているという分析されている。

チン・ヒグァン仁済(インジェ)大学統一学部教授は「金委員長は執権後、軍部高官の階級を頻繁に上げ下げして取り込んできた」とし「昨年11月まで金正寛が2つ星(中将)をつけて登場していた点を考慮すると2階級特進だが、各種建設に対する補償と人事を通じて忠誠競争を誘導しようとしているもの」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP