주요 기사 바로가기

「新型肺炎」震源地の武漢で五輪予選…心配する韓国ボクシング代表

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.22 14:35
0
2020東京オリンピック(五輪) アジア・オセアニア地域予選を控え、韓国ボクシング代表チームの心配が深まっている。五輪本大会チケットをかけて競う今大会は新型コロナウイルスの集団感染が発生した中国武漢で2月3-14日に開催されるからだ。

大韓ボクシング協会は昨年12月20、21日に国家代表最終選抜戦を行い、地域予選に出場する男子8人と女子5人の計13人を選抜した。代表チームは当初、忠清南道青陽(チョンヤン)で練習を終えた後、27日に武漢に移動する計画だった。しかし「武漢肺炎」が広まっていることを受け、ボクシング協会は予定された出国日程を変更した。

チェ・ヒグク協会事務局長は22日、聯合ニュースを通じて「武漢肺炎が深刻化し、行くこともできず、行かないわけにもいかないので悩んでいる」とし「ひとまず出国を31日に延期することにした」と説明した。

これに先立ち協会は7日、今大会を主管する国際オリンピック委員会(IOC)タスクフォース(TF)チームに「武漢肺炎」に対する懸念を伝え、大会の開催について問い合わせた。協会によると、TFチームは世界保健機関(WHO)と中国疾病当局が発表した内容を根拠に大会が予定通り開催されるとし、武漢訪問を歓迎すると伝えたという。

しかし肺炎問題が当初の予想以上に深刻になったため、協会は17日、IOCのTFチームに大会の開催を尋ねる公文書をまた発送した。返答はまだ受けていない。

チェ事務局長は「きょう世界保健機関(WHO)で武漢肺炎事態に関する緊急委員会が開かれるというが、その結果しだいで大会が開催されるかどうか最終決定するとみられる」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP