주요 기사 바로가기

女優シム・ウンギョン、日本映画祭で4冠の栄誉

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.01.22 11:34
0
女優シム・ウンギョンが日本の映画祭で4冠の栄誉にあずかった。

日本のマネジメント会社であるユマニテと専属契約を締結して国内外を行き来しながら演技のスペクトラムを広げてきたシム・ウンギョンは今年映画『新聞記者』で日本第74回毎日映画コンクールで最優秀主演女優賞を受賞した。

毎日映画コンクールの主催側は22日、最優秀主演女優賞の受賞者としてシム・ウンギョンを選んだと発表した。日本の毎日映画コンクールは毎日新聞、スポーツニッポン新聞社などが主催する映画賞で1946年に創設された日本で最も歴史深い映画祭の中の一つだ。

これに合わせて今月15日、アカデミー賞、高崎映画祭の主催側は「シム・ウンギョンが映画『新聞記者』で第43回アカデミー賞優秀主演女優賞と映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』で第34回高崎映画祭の最優秀主演女優賞受賞をすることになった」という確定の便りを知らせたことがある。これに先立って受賞した多摩映画祭の最優秀新人女優賞を含めば4冠の栄誉にあずかったわけだ。シム・ウンギョンが受賞することになる毎日映画コンクール、アカデミー賞、高崎映画祭は2月と3月に本授賞式が開かれる。

アカデミー賞は米国アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の正式許諾を得て日本アカデミー賞協会(Japan Academy Prize Association)が発足した授賞式で、映画関係者が選択する有意義な映画賞だ。

日本アカデミー側は優秀主演女優賞として『新聞記者』のシム・ウンギョンをはじめ、映画『翔んで埼玉』の二階堂ふみ、『蜜蜂と遠雷』の松岡茉優、『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宮沢りえ、『最高の人生の見つけ方』の吉永小百合が受賞者に選ばれたと伝えた。

シム・ウンギョンに受賞を抱かせた『新聞記者』は日本の現政権で起きた政治スキャンダルをモチーフにして国家とジャーナリズムの裏面を鋭く批判した映画で、シム・ウンギョンは劇中で権力の闇を暴く記者の吉岡エリカ役を演じ、初めて出演した日本映画であるにもかかわらず、言語や思想を超越して観客を作品の中に強烈に引き込んだことがある。

続いてシム・ウンギョンは高崎映画祭で『ブルーアワーにぶっ飛ばす』で最優秀主演女優賞を受賞して4冠にのぼった。高崎映画祭は日本の地域映画祭の中で最も信頼度と規模が大きい映画祭で、作品性に重点を置いて受賞作を選ぶ映画祭と評価されている。

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は広告ディレクターとして働く砂田が祖母の見舞いのために故郷へ向かう内容を描いた映画で、シム・ウンギョンはヒロインである砂田の友人である清浦を演じて自由奔放なキャラクターを魅力的に消化した。

毎日映画コンクール、アカデミー賞、高崎映画祭の受賞が確定すると同時に昨年日本の多摩映画祭で最優秀新人女優賞を受賞したことを含む4冠を占めたシム・ウンギョンは日本で成功的なデビューを終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優シム・ウンギョン、日本映画祭で4冠の栄誉

    2020.01.22 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    女優シム・ウンギョン
    TOP