주요 기사 바로가기

女優キム・テヒ、5年ぶり復帰「ママになってから会った作品でさらに共感」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.01.21 10:53
0
女優キム・テヒがドラマ『ハイバイ、ママ!』を通じて共感と笑いを伝えて“人生キャラクター”を演じる予定だ。

ドラマ『愛の不時着』の後続として2月に初放送されるtvN新ドラマ『ハイバイ、ママ!』側は21日、キム・テヒのキャラクタースチールカットを公開した。多彩な魅力を見せる「共感キャラクター」のチャ・ユリ役に扮するキム・テヒの帰還に期待が熱い。

『ハイバイ、ママ!』は、事故で家族と別れたキム・テヒ(チャ・ユリ役)が死別の痛みを乗り越えて新しい人生を始めた夫のイ・ギュヒョン(チョ・ガンファ役)と娘の前に再び現れるゴーストママの49日間のリアル転生ストーリーを描く。ドラマ『ああ、私の幽霊さま』『明日、キミと』のユ・ジェウォン監督と『ゴー・バック夫婦』のクォン・ヘジュ作家が意気投合した。

キム・テヒは公開された初のスチールカットで多様な魅力を誇った。子供を一度も懐に抱くこともできず現世をさまよっているゴーストママ。厳しい現世の暮らしに不満がいっぱいなせいか、祭壇の前に座ってつんとした顔で食べ物を食べる姿は愛おしいばかりだ。愉快な笑顔で周りを明るくする姿から納骨堂の幽霊の問題を解決するおせっかいな「幽霊界のジニー」の役割も垣間見られる。愉快で愛おしい魅力に共感まで加えたチャ・ユリを通じてキム・テヒの女優人生で記憶に残るキャラクターになるものとみられる。

ゴーストママのキム・テヒが天で受けるべき「転生裁判」を意外にも現世で受けることになり、予測不可な49日間のリアル転生ストーリーが繰り広げられる。現世を驚かせる彼女の転生ストーリーがどのような愉快な笑いと感動をプレゼントするか期待が集まっている。久しぶりの復帰作であるため緊張もするが楽しく撮影に臨んでいるというキム・テヒ。デビュー以来ロマンチックコメディ、ロマンス、時代劇、ファンタジー、スパイなど多様なジャンルを行き来してきたキム・テヒにとってもチャ・ユリは新しい挑戦だ。「チャ・ユリはとてもシンプルで肯定的という点が実際に私と似ている。自然にチャ・ユリに惹かれた」として「娘を持つママになってから会った作品で、チャ・ユリの状況にさらに共感することができた。普段の語り口など私が持っている姿をありのまま投影して自然に表現しようと努力した」と明らかにした。チャ・ユリに深く共感して没頭するキム・テヒの変身が胸をあたたかくさせる「共感ファンタジー」をプレゼントする予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優キム・テヒ、5年ぶり復帰「ママになってから会った作品でさらに共感」

    2020.01.21 10:53
    뉴스 메뉴 보기
    女優キム・テヒ
    TOP