주요 기사 바로가기

「武漢肺炎」韓国内初確診…35歳中国人、空港で直ちに隔離

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.21 07:35
0
韓国で新型コロナウイルスによる「武漢肺炎」が確認された患者が初めて確認された。保健当局は感染病危機警報の水準を「関心」から「注意」の段階に格上げした。疾病管理本部は20日「この日午前、中国武漢市の新型コロナウイルス感染症の海外流入確診患者を確認した」として「中央防疫対策本部と地方自治体対策チームを稼動して地域社会の監視と対応を強化していく」と明らかにした。

武漢市肺炎が確認されたAさんは中国国籍の35歳女性(中国武漢市居住)で、19日昼間12時11分に中国南方航空CZ6079便に乗って仁川(インチョン)国際空港に入国した。Aさんは中国の旧正月である春節を迎えて韓国と日本を旅行するために訪問した。彼女は入国一日前である18日に発病して発熱、悪寒、筋肉痛など症状があったが、同日武漢市のある病院で診療を受け風邪薬の処方を受けた。

仁川空港検疫所は19日武漢市から入る入国者を検疫する過程でAさんが発熱など症状があることを確認し「調査対象有症状者」に分類した。Aさんは空港検疫所ですぐに国家指定入院治療病床(仁川医療院)に搬送された。

チョン・ウンギョン疾病管理本部長はこの日午後、記者会見で「新型コロナウイルス感染症検査を実施し、今日午前確診患者と確定した」と説明した。Aさんは基礎疫学調査で武漢市の伝統市場(華南海鮮市場を含む)訪問履歴や確診患者、野生動物への接触履歴はないと答えた。

チョン本部長は「確診患者は検疫段階で確認され、地域社会への露出はない状況であり、同じ航空機の前・後列に乗っていた乗客と担当乗務員など密接接触者は現在調査中」としながら「Aさんと接触した人は管轄保健所に通知して能動監視を進める予定」と話した。該当航空機には乗客180人余りと乗務員が搭乗していたことが分かった。疾病管理本部によると、Aさんは5人の一行と共に入国した。

20日現在、中国内で武漢肺炎が確認された患者は201人だ。武漢で198人が発生したことに続き、19日には北京で2人、深センで1人の確定患者が初めて確認され、新型肺炎がすでに中国全域に拡散したのではないかという懸念の声が上がっている。タイ(2人)、日本(1人)でも武漢で肺炎にかかった患者が流入した。

武漢肺炎は人と人との伝播の可能性があることが分かった。チョン本部長は「中国武漢市保健当局も制限された範囲内で、特に家族間に伝播されたことがあると明らかにした」と説明した。

嘉泉(カチョン)大学キル病院のオム・ジュンシク感染内科教授は「現在の患者状態はとても安定的で、肺炎症状がひどくはないという。特別な治療薬がないが35歳の若い女性だということを考えると、適切に保存的な治療(解熱剤など症状に合った対症治療)をすれば完治する可能性が大きいとみられる」と話した。

翰林(ハンリム)大学聖心(ソンシム)病院の李載甲(イ・ジェガプ)感染内科教授は「最も大きな心配は武漢以外の上海や北京など交流が多い他の地域で患者が発生する場合、今の対処能力では処理できなくなる状況になるかもしれない」と話した。

疾病管理本部によると、中国から出発して仁川国際空港に入国する人は年間1000万人に達する。一日平均3万5000人水準だ。疾病管理本部のキム・グンチャン検疫院課長は「一週間前に迫ってきた中国春節の時は普段より中国人入国者が2~3倍と大幅に増える可能性がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP