주요 기사 바로가기

<U-23アジア選手権>韓日の競技力を比較すると…理由ある日本の最下位敗退

ⓒ 中央日報日本語版2020.01.20 11:05
0
8日からタイで開催されているU-23アジア選手権で韓国はベスト4に進出した一方、日本はグループリーグB組最下位で敗退した。AFCが毎試合のデータ分析を通じて公開した結果によると、その原因が見える。

U-23アジア選手権のグループリーグのデータを見ると、日本はセットピース状況から放ったシュートが1本もなかった。一方、韓国は直接セットピース(FKからの直接シュート)からのシュートが1本あった。CKのような間接セットピース状況でも5本のシュートを放った。長身の選手がいるという点が韓国のセットピース状況でシュートチャンスを増やした。

バックパスの回数でも悲喜が分かれた。日本はグループリーグ3試合でバックパスが329回にのぼった半面、韓国は196回と、日本の約60%にすぎなかった。バックパスは安定した試合運びにつながるが、攻撃方法を迅速に決定できないとも解釈される。

期待得点と期待失点も韓国と日本には大きな差をあった。韓国のグループリーグ3試合の期待得点は2.9点だった。しかし実際には5得点し、期待得点を2.1点も上回った。半面、日本は期待得点1.8得点で、実際の得点は2得点だった。

同じく期待失点も韓国が1.7点、日本が2.6点だった。実際には韓国が2失点、日本が4失点した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <U-23アジア選手権>韓日の競技力を比較すると…理由ある日本の最下位敗退

    2020.01.20 11:05
    뉴스 메뉴 보기
    U-23アジア選手権大会で得点後に喜ぶ韓国選手。
    TOP