주요 기사 바로가기

韓国青瓦台、駐韓米国大使の発言に警告…「非常に不適切」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.17 18:09
0
南北協力に関して文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言に公然と言及して「主権国家の介入」論争の渦中にいるハリー・ハリス駐韓米国大使について、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が「非常に不適切だ」という立場を明らかにした。

青瓦台の関係者は17日、記者懇談会の席でのハリス大使の発言について「大使が駐在国の大統領の発言についてメディアに公開的に言及したことは非常に不適切だ」とし「南北協力に関する部分は韓国政府が決定する事案」と述べた。

この関係者は「米国とは常時緊密に協調し、協議している」とし「政府は南北関係の実質的進展と早期の米朝対話のために努力し続ける」と付け加えた。

これは主権国家の大統領の言及を駐在国大使が関与したことへの強い警告の意味と解釈できる。ハリス大使の発言に青瓦台が立場を明らかにしたのは初めてだ。

また、南北協力をするかどうかは韓国政府が決定する事案であることを明確にし、米国の意思とは関係なく南北協力事業を推進するという意味と解釈できる。

ハリス大使は16日、外信懇談会で韓国政府の独自の南北協力推進構想に言及し、「今後の制裁を触発しかねない誤解を避けるために韓米ワーキンググループを通じて扱った方が良い」と話した。

ハリス大使のこのような発言は、主権国家への介入と取られ物議をかもした。

文大統領は14日、新年の記者会見で膠着状態の米朝の対話を打開するために「南北間でも今後は米朝対話ばかり見るのではなく、南北協力を増進させながら米朝の対話を促進していく必要性が高まったと考えている」と述べた。 

また、文大統領は「もちろん、国際制裁と限界があるため、南北がすることができる協力に多くの制限があるのは事実」とし「制限された範囲内で国境地域協力、個別観光のようなことは十分に模索することができる」と説明した。

 文大統領は今年の新年辞と新年会見で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の答礼訪問の再推進の意思を明らかにし、▼国境地域協力▼東京五輪の合同入場・単一チーム構成などスポーツ交流▼南北鉄道・道路連結事業▼非武装地帯(DMZ)のユネスコ世界遺産合同登録▼開城工業団地・金剛山(クムガンサン)観光再開など5大南北協力方案を提示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国青瓦台、駐韓米国大使の発言に警告…「非常に不適切」

    2020.01.17 18:09
    뉴스 메뉴 보기
    ハリー・ハリス駐韓米国大使。
    TOP