주요 기사 바로가기

韓経:SK、充電1回で500キロ走行のバッテリー…米国で2年以内に量産

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.17 14:11
0
SKイノベーションが2022年から1回の充電で500キロを走る次世代電気自動車のバッテリーを量産する。米ジョージア州の小都市コマース市に建設中のバッテリー工場でだ。

14日、ジョージア州最大都市アトランタから車で1時間ほど走って到着したSKバッテリー工場では鉄骨工事が進められていた。昨年3月に着工し、現在の工程率は28%。完工時点は来年下半期、試作品の生産は来年中頃となる。その後、自動車企業のバッテリー性能テストを経て2022年に量産に入る予定だ。

SK側は「1回の充電で500キロを走るバッテリーの量産が始まれば、第3世代バッテリー時代が本格的に開かれる」と述べた。電気自動車のバッテリーは1回の充電で走行可能な距離によって第1世代160キロ未満、第2世代320-500キロ未満、第3世代500キロ以上に分けられる。世界バッテリー業界は第3世代バッテリー開発競争をしている。第3世代のバッテリーを搭載すれば、ソウル-釜山(456キロ)間を途中で充電する必要なく走行できる。

SKジョージア工場は需要を先に確保した状態で建設されている。第1工場で生産されるバッテリーは全量がフォルクスワーゲンに納品される。第1工場の生産規模は年間9.8GWh(ギガワット時)で、電気自動車約20万台分にのぼる。

SKは年内に第2工場の着工を計画している。今後も投資を増やしてジョージア州に計5カ所の工場を稼働する方針だ。現場で会ったパク・ジョンハSKイノベーション米州建設担当課長は「現在確保した敷地に5カ所の工場を建設できる」と話した。崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長も昨年11月、「事業がうまくいけばジョージア州工場に最大50億ドル(約5兆8000億ウォン)まで投資を拡大する」と述べた。

ジョージア州工場はSKが米国に建設する最初のバッテリー工場。SKが敷地を選定する過程で近隣6州の約30カ所の地域が誘致希望書を出した。SKがジョージア州を選択したのは破格的な優遇のためだった。ジョージア州政府は専門人材採用支援、20年間土地無償賃貸、工場用電気低料金供給、建設用資材免税などを約束した。

SKバッテリー第1・2工場が稼働すれば2000人、第5工場まで完成すれば6000人の雇用創出が期待されるため、破格的な条件を提示した。アトランタ州政府庁舎で会ったブライアン・ケンプ・ジョージア州知事は「ジョージア州にあればジョージアの会社」と述べ、SKの投資に愛着を表した。また「SKの投資はジョージア州史上最大の投資であり、北東部ジョージア地域のゲームチェンジャーになるだろう」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:SK、充電1回で500キロ走行のバッテリー…米国で2年以内に量産

    2020.01.17 14:11
    뉴스 메뉴 보기
    SKイノベーションが米ジョージア州に建設中の電気自動車バッテリー第1工場。工程率は28%。 [SKイノベーション提供]
    TOP