주요 기사 바로가기

「韓国、2008年李素妍氏以降、有人宇宙探査を断念…残念」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.16 15:44
0
◆「2歳以降は韓国に行ったことはないがいつも恋しく思った」

ジョニー・キム氏は韓国の停滞した宇宙探査と産業に対しては遺憾を表した。キム氏は韓国政府が今からでも有人探査を準備するべきだと声を高めた。キム氏は「韓国は2008年に最初の宇宙飛行士である李素妍(イ・ソヨン)氏を国際宇宙ステーション(ISS)に派遣した後、有人宇宙探査を中断したと聞いた」とし「世界各国がそれぞれ違うことで葛藤を深めているが、人類を一つに集めることができる唯一の力はまさに宇宙にある」と訴えた。キム氏は「今や宇宙という対象は探査を超えて産業に進化している」とし「韓国政府も次世代の未来のために力を出してほしい」と付け加えた。

キム氏は2歳以降は韓国を訪問したことはないが、いつも韓国を恋しく思っているという言葉も忘れなかった。キム氏は「(韓国系の)妻といつもソウルに行きたいと話しているが、仕事が忙しく子どもも3人もいるため、なかなか機会を作ることができないでいる」とし「韓国に今も親戚がいるので、いつか必ず訪れたい」と話した。

◆「帰還できないかもしれない火星探査だとしても当然行く」

3人の子供と妻がいながらも、最悪の場合、帰還することができないかもしれない火星有人探査に本当に参加できるのかと尋ねると、キム氏は「もちろんだ」と力強く答えた。

キム氏は「今年9歳になった上の子が、NASAの卒業式で泣きながら心配した」とし「子どもの感情は当然で、人間的なこと」と話した。キム氏は「ただし、人類のために何ができるかと尋ねられたら、今日よりもよりよい明日にするために貢献したい」とし「次世代のために献身できるなら、これほどやり甲斐のあることも他にないと思う」と話した。

キム氏は人類が火星に自由に旅する未来を夢見ていると話した。キム氏は「1962年にジョン・F・ケネディ大統領が『10年以内に月に行く』と話した時、誰もが不可能だと話した」とし「現在、火星旅行も映画の中の想像だけと思われているが、NASAで働く人々皆の強い思いで可能にするだろう」と話した。

◆「宇宙飛行士は垣根の近くに登場した海亀」

キム氏が最も尊敬する宇宙飛行士はジョン・グレン氏とニール・アームストロング氏だ。キム氏は「国に奉仕したというだけではなく、謙虚な彼らの態度を見習いたい」と話した。

実際、NASA訓練卒業式でキム氏の謙虚な発言は話題になった。キム氏はマイク・ペンス副大統領が宇宙飛行士は亀だと別名を付けたエピソードを紹介した。キム氏は「垣根の近くに海亀一匹がいたなら、自力でそこまで来たわけがないという事実は明らかだ」とし「この舞台に立っている13人全員は、NASAの職員、国民の応援のおかげで成長して動く亀」と話して観衆に笑いと感動を与えた。 「韓国、2008年李素妍氏以降、有人宇宙探査を断念…残念」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、2008年李素妍氏以降、有人宇宙探査を断念…残念」(2)

    2020.01.16 15:44
    뉴스 메뉴 보기
    韓国系医師出身のジョニー・キム氏が米国航空宇宙局(NASA)の月・火星探査プロジェクト「アルテミス計画」の任務を遂行する宇宙飛行士リストに入った。[写真 NASA]
    TOP