주요 기사 바로가기

【コラム】文在寅政権の権力掌握手腕

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.16 11:05
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は勝者の気配だ。それは難題を平定した鷹揚さだ。彼の話と表情からにじみ出る。14日の新年記者会見でだ。「きのう付けで高位公職者犯罪捜査処を設置した。検察と警察の捜査権調整という制度的改革作業が終わった」。その中で検察の尹錫悦(ユン・ソクヨル)師団は瓦解した。その作業は体制変革の基盤拡大だ。自由韓国党はそれを「左派独裁の親衛隊構築」といった。

文大統領は疎通・協力政治を誓う。そうした約束は繰り返される。実践は伴わない。その話は政治的アリバイにとどまる。彼のチョ・グク前法務部長官に対する視線は切ない。「(チョ前長官が)体験した苦難だけでもとても大きく心の借りを作った」。チョ・グクの貪欲と偽善は多くの国民を傷付けた。文大統領は民心のそうした苦難には寄り添わなかった。

「文大統領と彼の人たち」は組分けに長けている。反対側は依然として積弊の排除対象だ。味方は寛容と温情でかばう。文大統領の排他的な偏愛は集団忠誠を誘導する。支持層を結集させる。分裂は文在寅政権の大衆管理方式だ。憎しみと復讐心は絶えず生産される。その中に攻勢的な長期政権の意志が存在する。

民主党の李仁栄(イ・インヨン)院内代表は露骨だ。「4・15総選挙で勝利し政権交替を超えわれわれの歴史でただの一度もなかった社会的覇権の交替まで成し遂げる」。覇権(ヘゲモニー)は左派思想家グラムシの言葉だ。覇権交替は文大統領式の主流交替と同じだ。グラムシのヘゲモニー陣地論は386運動圏の戦略教理だ。司法府・検察・文化・教育界の陣地に彼らの追従者が布陣した。

李仁栄の威張った態度は挑発的な熱望だ。「われわれの歴史で一度もなかった」という言葉は尋常でない。過去に没入すれば激しい反目だ。朝鮮時代の士禍の雰囲気が固着される。歴史の復讐心が乱舞する。高位公職者犯罪捜査処推進に復讐心が込められている。土台は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の死だ。それによる検察に対する怨恨だ。高位公職者犯罪捜査処は怪物だ。検察が指摘する毒素条項ためだ。それは「捜査機関が高位公職者犯罪を認知した場合、ただちに高位公職者犯罪捜査処に通知する」部分だ。全斗煥(チョン・ドゥファン)新軍部の「合同捜査本部」を連想させる。粛軍クーデター後に合同捜査本部はすべての捜査機関を調整・統制した。

現在の高位公職者犯罪捜査処は盧武鉉の構想と違う。金大煥(キム・デファン)は盧武鉉政権時代の労働部長官だ。彼はこのように確信する。「盧武鉉政権のアプローチ姿勢は純粋だった。盧大統領だったら権力の安全装置である毒素条項を叱って除いただろう」。文在寅政権の高位公職者犯罪捜査処は盧武鉉精神の侮辱だ。

国会の手続きと慣行は壊れた。第1野党である黄教安(ファン・ギョアン)の自由韓国党は排除された。民主党と群小政党の1+4提携は巧妙だ。「4」は左派と湖南(ホナム)政党だ。1990年の盧泰愚(ノ・テウ)政権時に民自党3党合同があった。それは「盧泰愚+金泳三(キム・ヨンサム)+金鍾泌(キム・ジョンピル)」の保守右派統合だ。そこから金大中(キム・デジュン)の第1野党平民党は疎外された。湖南政治は孤立した。1+4野合的提携は保守右派を包囲する。それは3党合同後30年ぶりの復讐劇だ。長期政権への欲望と復讐心は絡まり強くなる。

1+4体制は国会の破綻を象徴する。東欧ハンガリーの状況を思い出させる。「議会は反対党がなくても作動する」。その言葉はハンガリーのオルバン首相の度胸だ。オルバンは「合法的独裁」の開拓者だ。ハンガリーはソ連崩壊後の民主主義の模範だった。オルバンは民主化闘士出身だ。彼の執権後民主主義はからまった。それは致命的な逆説だ。彼の長期独裁手段は精巧だ。彼の先駆者はベネズエラのチャベスだ。継承者はポーランドのカチンスキだ。

彼らの権力機関掌握手法は精巧だ。優先的共通点は司法府平定だ。それにより三権分立は崩れる。検察の権力親衛隊化、選挙ゲームのルール変更が続く。ばらまき式ポピュリズムは経済土壌を改造する。自活・自立精神は排除される。合法の枠組みは組み入れて合わせる。「民主的独裁」の舞台は広場だ。議会民主主義は退歩する。直接民主主義が勢力を伸ばす。

こうした風景は文在寅政権の権力掌握技量と似ている。キム・ミョンス司法府のコード化、高位公職者犯罪捜査処設置、連動型比例代表制、税金ばらまきは関連性を持つ。高麗(コリョ)大学のチェ・ジャンチプ名誉教授は「民主化以降の民主主義危機」を診断・警告する。「執権386進歩勢力が民主化以前に回帰し歴史と対決することが主要因だ。進歩派が理解する直接民主主義は全体主義と同一だ」。

『検事内戦』の著者キム・ウン部長検事はこのように憤慨する。「検察改革は民主化以降最も忌まわしい陰謀であり退歩だ」。文在寅政権の権力疾走はよどみない。自由韓国党の叫びは民心として固まる。「韓国は民主的独裁、左派権威主義の隊列に入った」。

文大統領の話は微妙な余韻を残した。「終わったら忘れられた人に戻りたい」。彼の退任後の希望は実現されるだろうか。彼の記者会見の副題は「確実な変化」だ。国民全体がともにする変化でなければならない。そうでなければ難関だ。大統領は忘れられない。民心が放っておいてくれない。それが統治者の運命だ。

パク・ポギュン/中央日報論説委員・コラムニスト

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP