주요 기사 바로가기

<大リーグ>トロントメディア「柳賢振は毎シーズン負傷…山口にチャンスも」

ⓒ 中央日報日本語版2020.01.16 10:52
0
トロント現地メディアが柳賢振(リュ・ヒョンジン)のけがの履歴を取り上げながら、山口俊が先発ローテーションに入る可能性が高いと評価した。

山口は16日(日本時間)、カナダ・トロントのロジャーズセンターでトロント・ブルージェイズ入団記者会見を行い、「スプリングキャンプでの最も大きな目標は先発ローテーションに入ること」とし「しかしチームの状況によってブルペンを任されることもあると理解している」と述べた。

トロントの先発ローテーションは柳賢振、タナー・ロアーク 、チェイス・アンダーソンが確定的だ。3投手ともに他球団から入団した投手だ。残りの2席をめぐりマット・シューメイカー、トレント・ソーントン、山口が競争すると予想される。

現地メディアは山口が先発の1席を確保する可能性が高いと予想している。ヤフースポーツカナダは「柳賢振はメジャーでのすべてのシーズンで故障者リスト入りしていて、シューメイカーは2016年以降は1シーズンも100イニング以上消化していない」とし「山口はシーズン序盤に先発ローテーション入りできなくても、いつかは先発のチャンスが訪れるだろう」と伝えた。

読売ジャイアンツで活躍してきた山口は2年・最大915万ドルでトロントと契約した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP