주요 기사 바로가기

韓国人乗せた船舶、インドネシアで抑留…船員「政府に助けられないと言われた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.16 07:11
0
インドネシアに韓国人船長と船員を乗せた船舶2隻が領海侵犯の疑いで抑留されていることが分かった。パナマ船籍のLPガス輸送船と韓国国籍の貨物船だ。

輸送船は昨年10月9日、シンガポールと隣接したインドネシア・ビンタン海域で領海侵犯の疑いでインドネシア海軍に拿捕された。指定された区域でない場所にイカリを下した疑いだ。船舶には韓国人船長を含んで韓国人船員9人がインドネシア人船員8人と乗船中だった。

船員はインドネシア当局にパスポートを押収され、ビンタン島とバタム島の間にあるインドネシア海軍基地の近くに停泊した輸送船の中で過ごしているという。抑留された船員Aさんは聯合ニュースとの通話で「抑留直後、海水部と外交部に届け出を出したが、『パナマ船籍だから助けられない。船社側と協議しなさい』と言われた」と主張した。

外交部は15日「昨年12月5日、インドネシアの外務省がこのような事実を知らせてきて同月11日に担当領事を現地に派遣した」として「インドネシア海軍関係者との面談で迅速かつ公正な事故調査を求めるなど領事助力を尽くしている」と明らかにした。外交部と駐インドネシア大使館は「船社側(NDSM)と緊密に協力して状況をモニタリングしており、拿捕船舶の早期釈放のために努力している」と説明した。

今年1月11日には輸送船が拿捕された地点とほぼ同じ地点にイカリを下した韓国国籍の貨物船が領海侵犯の疑いで逮捕されインドネシア海軍に抑留された。この船舶には韓国人船長と船員4人のほか、インドネシア人船員19人など計23人が乗っていた。外交部は貨物船の抑留に関連しても「早期釈放のために領事助力を積極的に行う予定」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国人乗せた船舶、インドネシアで抑留…船員「政府に助けられないと言われた」

    2020.01.16 07:11
    뉴스 메뉴 보기
    インドネシア海軍に抑留されたLPガス輸送船[写真 マリントラフィック]
    TOP