주요 기사 바로가기

韓国柔道界、東京五輪代表選抜戦の日程変更…混乱予想

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.15 16:23
0
大韓柔道会が東京五輪を目前にして国家代表選抜戦の日程を変更する。柔道界関係者は15日、「柔道会内部で3月中旬に予定していた国家代表第2回(最終)選抜戦日程の変更を決定した。近いうちに2~3週間遅らせた日程を改めて発表するはずだが、一方的な日程変更が明らかになれば柔道界では混乱が予想される」と伝えた。韓国柔道が五輪の直前に代表選抜戦の日程を変えたのは今回が初めてだ。当初、柔道会は昨年6月にホームページを通じて第2回国家代表選抜戦は2020年3月10日~11日の両日、順天(スンチョン)湾国家庭園杯を兼ねて行うことにしたと発表した。

現時点で選抜日程を変更するのは規定違反だ。大韓柔道会代表選抜規定第16条第2項によれば、代表選抜基準は選抜日の3カ月前に確定してホームページで告知しなければならない。第18条第5項に選抜基準には選抜日程も含まれなければならないと明示されており、事実上、選抜基準と日程を別々に切り離して見るのは難しい。それでも柔道会は「選抜日程が変更されるのは事実」としつつも「『選抜基準』には『選抜日』が含まれていないため問題はない」という公式回答を出した。

柔道会は今回の日程変更が避けられない決定だという立場だ。柔道会のソン・チャンジョン専務理事は「第2回選抜戦は毎年3月に開かれたが、そのため代表チームが毎年同時期に開催されるロシアのグランドスラムに出場しなかった。(代表選手がランキングポイントを稼げるように)選抜日程を遅らせる必要性は以前から感じていたが、この問題以外にも改善しなければならないことが多いため時間がかかった。国内大会の開催日程と重なり、他の時期を探すことは難しかった」と説明した。

しかし、一部では柔道会の無能な行政力を指摘している。いくら1年の日程がタイトでも選抜日程を変更するのに数年かかるのは理解できないということだ。ある柔道関係者は「柔道会がまともに仕事さえしたならば、国家代表選抜過程を簡素化した昨年から選抜戦の日程を変えることができた。どうしたら当面の課題である五輪出場に関することを後回しにしておいて、五輪を目前にして変えることができるのか」と不満を述べた。

本来、国家代表選抜戦は第3回(5月)まであった。昨年から選手のコンディションと体力配分を考慮して2回に縮小した。無理な大会出場で選手の体力が低下し、「ノー・ゴールド」の屈辱を体験した2016年のリオ五輪を意識したためだ。ある指導者は「選手のコンディションだけ考えてむやみに選抜戦を早く終えようとする柔道会の生半可な判断ミスが生んだ結果だ。昨年は選抜戦を早く終わらせて五輪まで体を作る時間を大幅に稼いだと広報したと思ったら、今度は選抜戦があまりにも早い時期に行われると主張を変えた」と述べた。

被害はそっくり選手が受ける。まだ日程の変更が公式化していないため、各チームの選手は既存の日程に合わせて体を作っている。一部の選手は1カ月前から減量してコンディションを調節する。1日2日の差が体調に致命的な影響を与えかねない。ある柔道指導者は「はっきりしない日程の中で選手に運動させるべきか休ませるべきか分からない。にもかかわらず、一部の柔道会関係者はランキングポイントが低いからどうせ五輪に出られないし、彼らにとっては選抜戦は大きな意味がなく、損することもないという見方」だと愚痴をこぼした。

彼は続けて「今回の大会は代表選抜戦を兼ねているだけで、代表ではない選手達にとってもチャンスの場だ。良い人材がないとばかり言わずに試合ができる最適の環境を作って、次世代の国家代表も発掘すべきではないか」と反問した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国柔道界、東京五輪代表選抜戦の日程変更…混乱予想

    2020.01.15 16:23
    뉴스 메뉴 보기
    鎮川選手村で練習中の韓国柔道代表チーム
    TOP