주요 기사 바로가기

起亜車、29兆ウォン投資へ…「5年以内に電気自動車シェア6.6%」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.15 13:04
0
起亜自動車が2025年までに29兆ウォン(約2兆7520億円)を投資し、営業利益率6%と世界電気自動車市場シェア6.6%を達成するという中長期戦略を発表した。2025年までに11モデルの電気自動車ラインナップを構築し、エコカー販売比率25%を達成するという目標も提示した。

14日にソウル汝矣島(ヨイド)で朴旱雨(パク・ハンウ)社長が開いた「最高経営責任者(CEO)インベスター(投資家)デー」で、起亜車は「プランS」を発表した。先制的な電気自動車への転換と個別型モビリティーソリューションを未来事業の両軸とする計画だ。昨年12月に現代車グループが発表した「2025戦略」のうち起亜車の細部バージョンといえる。プランSのSは転換(Shift)を意味するというのが起亜車の説明だ。グループの戦略に合わせて電気自動車・自動運転車基盤のモビリティーサービスと目的基盤モビリティー(PBV)事業も拡大する予定だ。

PBVとは乗客運送や物流・冷蔵車両など事業者の目的に合わせて提供するサービス。今後、自動運転が普遍化すれば、「スケートボード」プラットホーム技術を適用し、個別型サービスを提供する計画という。バッテリーと駆動モーターをスケートボード形態のプラットホームに搭載し、その上に用途に合わせて自由自在に車体を載せることができる技術だ。

起亜車は来年、電気自動車専用プラットホーム(E-GMP)基盤の最初の量産車を出す。一度の充電で500キロ以上走行でき、20分以内に超高速充電を終えることができる仕様を備えている。乗用車とSUVの境界を崩すデザインと未来志向的なUX(使用者経験)も追求する。

ブランドアイデンティティ(BI)と企業イメージ(CI)を変える計画も表した。起亜車は変化する起亜車の姿に顧客が共感できるようBI、CIと共に使用者経験のすべての部門で革新を推進すると明らかにした。起亜車は昨年のジュネーブモーターショーで電気コンセプトカー「Imagine by KIA」を発表し、新しいエンブレムを付けた。その後、似たエンブレムを商標登録し、起亜車がCIやエンブレムを変えるのではという見方が出ていた。起亜車は今年下半期にBI改編案を確定する予定だ。

起亜車は2025年までに自己資本利益率(ROE)10.6%という財務目標も提示した。現在50%水準のSUV販売比率を2022年に60%まで拡大(中国除く)する。新興市場の半製品組立(CKD)事業も現在の年間8万台水準から2023年には30万台体制に増やす予定だ。朴社長は「自動車産業のパラダイムが急変している状況で、単に変化に適応するのではなく、革新を主導して新しい飛躍の機会にしたい」と述べた。

一方、起亜自動車のSUVテルライドが「2020北米カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。米国とカナダの自動車専門記者で構成された審査委員団が授与する賞だ。現代自動車グループでは通算5回目、起亜車では初の受賞となる。

起亜車は13日(現地時間)、米デトロイトTCFセンターで行われた授賞式でテルライドがユーティリティ部門で受賞したと明らかにした。最終候補に残った現代パリセード、リンカーン・アビエーターを抑えた。昨年はジェネシスG70が乗用車部門で、現代車コナはユーティリティ部門でそれぞれ受賞している。

北米カー・オブ・ザ・イヤー審査委員のカール・ブラウア氏は「従来のSUVブランドが緊張すべきスタープレーヤー」とテルライドを評価した。テルライドは北米自動車専門誌『モータートレンド』の「2020年SUVオブ・ザ・イヤー」、『カー・アンド・ドライバー』の「2020年10ベストカー」にも選ばれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    起亜車、29兆ウォン投資へ…「5年以内に電気自動車シェア6.6%」

    2020.01.15 13:04
    뉴스 메뉴 보기
    朴旱雨(パク・ハンウ)起亜自動車社長が14日午前、汝矣島コンラッドソウルホテルで開催された「CEOインベスターデー」で中長期戦略「プランS」と「2025年投資および財務戦略」を発表している。[写真 起亜自動車]
    TOP