주요 기사 바로가기

【コラム】文大統領の9115文字の新年の辞と108分の会見のどこにも年金改革はなかった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.15 11:31
0
蔡英文、ボルソナロ、マクロン、安倍、プーチン…。

彼らの共通点は? 最近年金改革を試みた指導者だ。一部は依然として巨大な障壁と戦っており、一部は果敢な改革に成功した。高齢化に耐えられず、持続可能な年金制度を作るために恩恵を減らしている。代表的な成功した指導者が台湾の蔡英文総統だ。11日に過去最多得票で再任に成功した。

サウス・チャイナ・モーニング・ポストの報道によると、蔡総統は2018年6月にフェイスブックで「私は2年間途轍もない批判を受けた。こうした批判が、なぜ政治家らが過去に年金改革に出ずに恐れていたかをはっきりと見せる。私は決してためらわない。改革は必ず私から出発する」と書いた。蔡総統は2016年に執権すると年金改革に着手し、2年間の激烈な反対を乗り越えて年金改革を成しとげた。公務員・軍人・教師年金が国民年金の2倍に達する上に、放っておけば2020年にも基金が枯渇する恐れがあったという。今後10年にわたり年金額を20%以上減らす計画だ。退役した中佐の例では、月の年金が274万ウォンから218万ウォンに減る。蔡総統は「年金改革は最も重要な任務。危機は克服可能だ」と話した。

ブラジルのボルソナロ大統領も昨年10月に年金改革を終えた。10年間に最小8000億レアルの財政を削減するという。彼は「この勝利はわが国が永遠に繁栄できる道を開いてくれるだろう」と話した。フランスのマクロン大統領はゼネストが40日続いてもびくともせず年金改革を推し進めている。

7日の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の新年の辞、14日の新年記者会見を見て、「もしや」と期待した。やはり期待しない方が良かった。9115文字の新年の辞で年金改革を見つけることはできない。108分間の新年会見でも同様だ。昨年、2018年も同様だ。国民年金はこのままいくと2057年に基金が消え、所得の4分の1を保険料として出さなければならなくなる。出生率が世界でも行ったことのない道を進んでおり、年金改革が遅れるほど負担が大きくなる。「年金爆弾時計」がさらに速くなる。

現政権は2018年12月に「四枝選多」年金改革案を国会に提出した。以前に専門家らが国民年金制度発展委員会で長い議論の末に提案した財政安定化案は盛り込まれなかった。保健福祉部のパク・ヌンフ長官は四枝選多案をめぐり「大統領が『国民世論を取りまとめるより容易だ』と評価した」と話した。この発言を最後に文大統領の言及はほとんどなくなった。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領は「年金改革戦士」だった。2003年4月の保健福祉部業務報告で「年金改革は受給者が少ない時にするのが良い」と話して始動した。2007年7月に法案が国会を通過するまで8回にわたり年金改革を強調した。2003年11月の国会書簡をはじめ、国会施政方針演説、談話文、閣議などで切迫した心情を吐露した。法案通過前の2007年6月には談話文を発表した。「法案処理遅延による被害はそのまま国民に戻り、時間が過ぎるほど被害規模が増え続けることになります。国民年金だけでも潜在負債が1日800億ウォンずつ積もり年間30兆ウォンに達することになります」。

盧元大統領の年金改革のおかげで基金枯渇時期が16年延びた。ソウル大学社会福祉学科のキム・サンギュン名誉教授は、「年金改革は指導者のアジェンダ。文大統領は年金改革に関心がないようだ」と批判した。キム教授は国民年金制度発展委員長を務め、2018年8月に年金改革に2つの案を出している。以下は一問一答。

Q:文大統領と年金改革をどのようにみるか。

A:「年金改革は大統領の眼中にないようだ。この政権で手を付けず次の政権に渡そうという結論を出したのではないのかと思う。過去に李会昌(イ・フェチャン)候補が年金改革を公約して大統領選挙で失敗した点を見て、フランスの年金改革波動を見て、『手を付ければ大きな犠牲が伴うだろう』と考え違いをしているようだ」

Q:年金改革は指導者の役割なのか。

A:「多数党を基盤に強い意志を持つ政治家が年金改革に成功する(台湾の蔡英文総統がこのケース)。こうした政治家は持続可能性を重視する。年金改革は100年、最小50年を見通さなければならない。指導者本人が死んだ後のことだ。しかし短命政権のように考える指導者はだめだ。そんな人の頭の中に年金改革が入ってくるわけがない」

Q:指導者に必要な素養は。

A:「第4次産業革命予知力と持続可能性重視能力だ。人口・職業・雇用・産業などがどうなるのかを見通すビジョンがなければならない。持続可能性はあらかじめ少しずつ改革しながら備える能力だ」。

Q:文大統領はどうなのか.

A:「2つの面で優秀ではないようだ。与野党を問わず政治家がほとんどみんなそのようだ。それでも民間部分が希望だ。日本の経済制裁に耐える力が民間から出る。政治家が民間を激励だけしても良いはずだが残念だ」

Q:総選挙が終われば速度が出るだろうか。

A:「選挙後の院構成と、予算国会がくれば今年が過ぎるだろう。来年には大統領選挙局面に入り込むだろう。年金改革が忘れられたようで残念だ」。

シン・ソンシク/福祉専門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】文大統領の9115文字の新年の辞と108分の会見のどこにも年金改革はなかった

    2020.01.15 11:31
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル大学のキム・サンギュン名誉教授。ピョン・ソング記者
    TOP