주요 기사 바로가기

ポンペオ氏「北核問題、中国なしに解決できない」…「米日韓が中国に同じ声を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.15 08:43
0
米国のマイク・ポンペオ国務長官が13日(現地時間)、北核問題は中国なしには解決が不可能で、中国指導部も北朝鮮の非核化を願っているという点を確実にする必要があると強調した。

米国務省が配布した録音記録によると、ポンペオ長官はこの日、サンフランシスコでカリフォルニア英連邦協会シリコンバレーリーダーシップグループのメンバーを対象に行った講演でこのように話した。

ポンペオ長官は「明日(14日)、韓国と日本の外相に会って何を話し合うのか」という司会者の質問に「(北朝鮮との)交渉と対話を持続させていくためにはどんな機会があるのか話し合う」としながら「また、我々(米日韓)が中国と(北核問題に対して)同じやり方で対話をしているかどうか確認する」と話した。あわせて「北核問題は中国指導部がいなくては解決できないようだ。中国指導部もまた、北朝鮮の非核化を願っているという点を明確にする必要がある」と強調した。

ポンペオ長官は「北核問題の解決は北朝鮮と国境を接していない米国の努力で起きる可能性がほぼないため、北朝鮮と国境を接している国と一緒にこれをチェックしたい」と説明した。ポンペオ長官はまた、北朝鮮との関係において「米国は北朝鮮の安保リスクではない」と強調し「金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が正しい決定を下すことを希望する」と明らかにした。

金正恩国務委員長の「友人」を自任する米NBAの伝説デニス・ロッドマンよりも自身が金委員長と会った回数は多いと話の流れに勢いをつけたポンペオ長官は「我々は依然として、金委員長が18カ月前である2018年6月に交わした約束を履行することが、北朝鮮に最も大きな利益だという点を確信させることに対し、繰り返し話をしている」とし「私は北朝鮮が世界のための正しい決定だけでなく北朝鮮国民のためにも明らかに正しい決定を下すだろうと、今も期待している」と話した。

ポンペオ長官は「北朝鮮が持つ武器システムは実質的な危険になる」とし「我々が正しい合意を行い、経路を正しく舵取りし、我々がそれに対して真剣に話ができるなら、彼らの巨大な防御の壁である核兵器をなくし、さらに明るくさらに安全な状態があるということを金委員長に確信させることができるという期待を依然として持っている」と強調した。

続いて「我々は成功的な2020年になることを希望する」とし「これは米国のために良いことであり、世界のために良いことであり、これはまたその地域(北朝鮮)のためにも良いことだ」と話した。

ポンペオ長官は前日、FOX(フォックス)ニュースにも出演して「金委員長はトランプ大統領に対する立派な約束を依然として持っている。彼は非核化すると約束した」とし「彼はその約束から後ろに退かなかった」と話した。

一方、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は14日(現地時間)、米国サンフランシスコで開かれる韓米外交長官会談のために訪米中だ。あわせて茂木敏充外相もこの日サンフランシスコでポンペオ長官と会談する予定なので、韓日米三国間と韓日二国間の外相会談を開催することも調整中だという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP