주요 기사 바로가기

<文大統領新年会見>「南北・米朝対話、楽観できないが悲観する段階でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.14 11:22
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が14日、膠着状態にある米朝対話について「対話を実現させようとしているように、首脳間の信頼は続いていて、その努力も続いている。こうした点で前向きに評価する」と述べた。

文大統領はこの日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)迎賓館で開いた新年記者会見で、「北の非核化と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の答礼訪問をまだ信じているのか」という最初の質問に対し、このように答えた。

文大統領は「(親書を通じて)両首脳間の親しい関係も改めて強調し、北の要求が受け入れられてこそ(対話に)応じることができるという前提が付いたものの、対話の窓は閉じなかった」とし、このように明らかにした。

続いて「南北間、米朝間対話ともに現在は楽観できないが、悲観する段階ではないと考える」とし「祝賀メッセージを送ることで対話の意志を強調したが、非常に良いアイデアだった」と評価した。

さらに「南北間でも外交というものは目に見える部分よりも見えない部分が多い」とし「南北、米朝関係が膠着状態になって困難な状況を迎えているが、対話を通じた努力が続いていて、十分にうまくいくという楽観的な見方で推進している」と伝えた。

また、「尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長をまだ信頼しているのか」という質問に対しては、改めて検察改革の重要性を原則的に述べた。文大統領は「検察の権限が過去よりも減ったが、依然として強大だ。権限を手放すのが権力機関改革要求の本質」とし「検察総長が率先してこそ捜査の慣行と組織文化の変化を引き出すことができる」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <文大統領新年会見>「南北・米朝対話、楽観できないが悲観する段階でない」

    2020.01.14 11:22
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領[JTBC]
    TOP