주요 기사 바로가기

ハイニックスの株価が初の10万ウォン超え…それでも笑えないSKグループ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.14 10:05
0
半導体関連銘柄の株価が上昇を続けており最高値記録を塗り替えている。13日のKOSPI市場でサムスン電子の株価は前日より500ウォン(0.84%)上がった6万ウォンで取引を終えた。2018年5月に額面価5000ウォンの1株を100ウォンの50株に分ける額面分割をしてから最高値だ。額面分割前の株価基準でも1975年の証券市場上場以降で最も高くなった。

SKハイニックスも前日より1600ウォン(1.62%)上がった10万500ウォンで引けた。SKグループがハイニックス半導体を買収した2012年3月以降で最高値だ。半導体業況が底を打って反騰したという期待感が形成されているためだ。証券会社が提示したSKハイニックスの目標株価は11万5000ウォン(未来アセット大宇)から14万ウォン(元大証券)だ。この1年間で株価が55%上がったが、今後さらに15~40%上がるという見通しだ。ただ内外の変数と市場状況により株価はいつでも上下できる。

SKハイニックスの小口株主は株価上昇を歓迎するが、グループ持ち株会社のSKは困惑の表情が歴然としている。SKが構想したグループ支配構造改編にSKハイニックスの株価上昇が障害になりかねないためだ。SKグループはこれまでSKテレコムを中間持ち株会社に転換する案を推進してきた。SKテレコムを事業部門と投資部門に分割する内容だ。SKテレコムは情報通信技術(ICT)部門にさらに集中し、SKハイニックスはもう少し積極的な経営を展開できるというのが対外的な名分だ。グループで時価総額が最も大きいSKハイニックス(73兆ウォン)に対するオーナー一家の支配力を強化することもできる。

グループ持ち株会社であるSKは現在SKテレコムとSKイノベーション、SKCなどを支配する。SKテレコムはSKハイニックス、ADTキャップス・SKプラネットなどを子会社に置いている。SKハイニックスはSKの孫会社となる格好だ。公正取引法により孫会社の地位にある企業は買収合併時に被買収企業の株式100%を取得しなければならない。いくら小さい会社を買収しても株式全量を取得するケースはほとんどない。SKテレコムが中間持ち株会社になればSKハイニックスの地位は子会社に変わる。買収合併を妨げる鎖からも抜け出せる。それだけ積極的投資と買収合併が可能になる。

SKグループは昨年SKテレコムの中間持ち株会社転換を終える計画だったが結局年を越えた。半導体業況が鈍化してSKハイニックスの業績が振るわず、支配構造改編の名分と実効性が色あせたためだ。SKグループ関係者は「主要株主と系列会社間の調整と財源調達案も難航していた」と話す。SKテレコムのパク・ジョンホ社長は昨年6月に「中間持ち株会社転換は容易でない。別の方法も考えている」と明らかにした。

国会の状況まで考慮すれば状況はさらに複雑だ。昨年公正取引委員会が提出した法改定案は国会で審議中だ。持ち株会社が保有しなければならない子会社(孫会社含む)の持ち分率を現在の20%から30%(上場企業基準)に引き上げる内容だ。現在SKテレコムはSKハイニックスの株式20.07%を持っている。法案が通過すればSKテレコムはSKハイニックスの株式9.93%をさらに確保しなければならない。13日終値基準で約7兆ウォンだ。SKハイニックスの株価が底だった昨年6月中旬と比較すると2兆5000億ウォンほど増えた。

今年SKグループは支配構造改編作業にスピードを出すという観測が優勢だ。SKの株式を要求した盧素英(ノ・ソヨン)アートセンターナビ館長と崔泰源(チェ・テウォン)会長の離婚訴訟で支配構造の不確実性が大きくなったためだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP