주요 기사 바로가기

続く親日清算、「無差別的な親日残滓規定はいけない」反対も=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.14 09:04
0
今年に入っても親日清算作業は続いている。市・道教育庁別に親日経歴者が作詞・作曲した校歌を改正し、カイヅカイブキも除去する。教育現場に残っている日本式用語を除去する作業なども進行される。だが、親日残滓規正に対する反論も提起されている。

忠南(チュンナム)教育庁は今年、庚戌(キョンスル)国恥110周年、安重根(アン・ジュングン)義士殉国110周年、青山里(チョサンリ)・鳳梧洞(ポンオドン)の戦い100周年を迎え、近現代史中心の歴史教育を強化し、親日残滓清算も引き続き進めると13日、明らかにした。

忠南教育庁は親日残滓清算を目的に校歌改正に関心を傾けている。忠南教育庁によると、親日行為経歴者が校歌を作詞・作曲した学校は24カ所だ。小学校6校、中学校8校、高校10校などだ。このうち、泰安(テアン)古南(コナム)小学校1カ所が昨年校歌を改正した。同校の校歌作曲家は親日人名辞典に登録されている金東振(キム・ドンジン)氏(1913~2009)だった。また、10校では校歌改正作業が進められている。

忠南教育庁関係者は残りの学校は同窓会や保護者などの反対で改正作業が遅れているようだ」とし「残りの学校は同窓会・保護者会などに対して説得を始める予定」と話した。

教育庁はカイヅカイブキの除去作業も進めている。現在、忠南道内の学校56校でカイヅカイブキをすでに除去したか、除去作業が推進されている。教育庁はこのために教育庁予算14億ウォン(約1億3300万円)を支援した。

洪城郡(ホンソングン)の洪東(ホンドン)小学校は昨年校庭にあったカイヅカイブキ10本のうち9本を除去した。その場にはムクゲを植えた。教育庁側は「カイヅカイブキは伊藤博文が朝鮮に本格的に普及させたと伝えられている」とした。教育庁関係者は「ただし、カイヅカイブキ除去作業は学校の事情により自律的に推進するようにした」とし「木が教育環境の邪魔になったり、周辺の造景とうまく調和しない場合などに除去すると承知している」と付け加えた。

教育庁は昨年、学校の玄関などに掲げられた日本人校長の写真はすべて除去して別途の空間に保管するようにした。学校の玄関などに日本人校長の写真を掲げていた学校は合計29校あった。

光州(クァンジュ)広域市教育庁も校歌や校標など親日残滓清算作業を続けている。琴湖(クムホ)中央女子高校や琴湖中央中学校は昨年12月26日、琴湖中央中学校チュクホ館で新しい校歌を発表した。

これに伴い、李殷相(イ・ウンサン)作詞・金東振作曲の校歌は歴史の中に消えた。光州では昨年文興(ムンフン)小学校など9校の小学校と河南(ハナム)中学校などで親日様式の校標を改正した。光徳(クァンドク)中学・高校、大東(テドン)高校、光州(クァンジュ)第一高校は校歌を新たに作り直し、林谷(イムゴク)中学校・光一(クァンイル)高校は日本の音階や七五調の律格、歌詞を変えた。崇一(スンイル)高校・鶏林(ケリム)小学校などでも校歌を変更中で、鶴雲(ハグン)小学校・東雲(トンウン)小学校・無等(ムドン)中学校などは校標を別のものと変えているところだ。

これに関連し、進歩指向の市民団体「学閥のない社会のための市民の会」は報道資料を通じて「親日残滓調査事業は歴史的事実を土台に置いておらず、事業成果づくりに汲々としている」とし「結局、学校現場に負担と混乱だけを強いたという評価を避けられない」と指摘した。この団体は「親日残滓と指定した一部の校歌は日本式音階を問題にしている」とし「親日者が作詞・作曲した校歌を清算しようという国民的合意とは違い、音階やリズム・音格など教科に内在した文化的要素まで問題にするのは不適切」と主張した。

カイヅカイブキは全国各地でよく目にする木なので、わざわざ除去するのが望ましいことなのかという疑問も提起されている。釜山(プサン)UN記念公園には726本のカイヅカイブキが植えられている。釜山UN記念公園関係者は「カイヅカイブキは50~60年前に植えられたもの」としながら「木の形が良く、周辺の景観ともよく調和して美しい姿を演出している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP