주요 기사 바로가기

韓国映画『パラサイト』アカデミーへ…作品・監督賞など6部門にノミネート快挙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.14 08:24
0
ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』が翌月9日(現地時間)開催される第92回米国アカデミー授賞式で作品賞・監督賞・脚本賞・国際映画賞・美術賞・編集賞など6部門にノミネートされた。韓国映画がアカデミー賞の公式候補になったのは初めてだ。

アカデミー賞授賞式を主管する米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は13日、アカデミー賞の公式ユーチューブを通じて最終候補リストを発表した。社会は韓国系ハリウッド俳優ジョン・チョーと俳優兼作家イッサ・レイが引き受けた。

『パラサイト』が作品賞を受ければ非英語映画では初めてだ。カンヌ映画祭のパルムドールとアカデミー作品賞を同時に獲得した映画も今まで1955年米国デルバート・マン監督のロマンス映画『マーティ』以降一度もなかった。1955年パルムドール受賞翌年、アカデミー作品賞まで占めた。

監督賞部門で歴代アジア人受賞者は台湾のアン・リー監督が最初であり唯一だ。ハリウッド映画『ブロークバック・マウンテン』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』で2度も受賞した。今回受賞する場合、ポン監督は歴代ただ二人のアジア系アカデミー監督賞受賞者となる。

一方、イ・スンジュン監督のセウォル号を素材にしたドキュメンタリー『不在の記憶』も短編ドキュメンタリー部門にノミネートされた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国映画『パラサイト』アカデミーへ…作品・監督賞など6部門にノミネート快挙

    2020.01.14 08:24
    뉴스 메뉴 보기
    映画『パラサイト』
    TOP