주요 기사 바로가기

北朝鮮「前のめり」非難2日後…青瓦台「守ることは守ろう」遺憾表明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.14 07:07
0
韓国政府がドナルド・トランプ米大統領の北朝鮮へのメッセージを伝達したことに対して「前のめり」「分不相応なこと」などの表現で非難した11日金桂冠(キム・ゲグァン)外務省第1次官の談話に対して2日後である13日、遺憾を表明した。

統一部のイ・サンミン報道官はこの日、定例ブリーフィングで金次官の談話に対する立場を聞く質問に「別に言及する内容がない」としつつも「ただし、南北関係の発展と韓半島(朝鮮半島)の平和定着のためには南北が相手を尊重しながら、お互いに守るべきことは守っていく努力をすべきだろう」と明らかにした。

韓国政府はその間、北朝鮮の韓国向けの非難談話に立場表明を控えてきた。しかし、今回の談話が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を狙って行き過ぎた表現で非難すると迂回的に遺憾を表明したとみられる。

統一部は昨年8月、文大統領の光復節(解放記念日)祝辞に対して北朝鮮が「ゆでた牛頭も仰天大笑(空を見て大きく笑う)する状況」と非難し、翌日「度を越した無礼な行為」として「深刻な遺憾を表わす」と明らかにした。

イ報道官は「トランプ大統領の北朝鮮向けのメッセージを南北共同連絡事務所を通じて伝達したか」という質問に「統一部が確認して差し上げる事項を持っていない」と答えた。

また、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の誕生日祝いのメッセージが韓米両国のチャンネルを通じて北朝鮮側に伝えられたことに対しても「確認して差し上げる事項がない」と話した。今回の談話が文大統領が新年の辞で提案した南北協力について「拒絶」の意向だと考えるのかという質問には「引き続き北朝鮮の態度を鋭意注視しながら綿密に把握する必要がある」にとどめた。

北朝鮮の「通米封南」基調だとみるかとの指摘には「昨年2月、ハノイ会談以降南北当局間対話が進んでいないのは事実」とし「昨年末、北朝鮮で党全員会議があり、それから北朝鮮の韓国に対する言及や態度を鋭意注視している」と答えた。韓国政府は党全員会議報告で韓国向けのメッセージがなかったため、今月中に関連言及があると予想している。

これに先立ち、金桂冠次官は談話で「南朝鮮が金正恩国務委員長とトランプ大統領の間の親密な関係に割り込むのはちょっと分不相応なこと」としながら「われわれが対話に復帰するだろうという空しい夢を見ずに、割り込んで元も取れないようなバカにならないためには自重した方が良いだろう」と非難した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP