주요 기사 바로가기

「日本人はのろま」 カルロス・ゴーン氏が明らかにした脱出秘法

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.14 06:51
0
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏が、保釈中に日本から逃げることができた理由を「日本人の行動が遅いため」と説明した。

ゴーン氏は12日(現地時間)、ブラジル紙「エスタド・ジ・サンパウロ」とのインタビューで「(日本脱出の)決定・計画・実行はすべて速かに行った。なぜなら日本人は迅速でないため」と話した。

ゴーン氏は「日本人は綿密な準備と計画と理解がなければ迅速に行動しない」とし「逃走計画を成功させるためには素早く出し抜く必要がある」と説明した。

ゴーン氏は2016年、フランス・ベルサイユ宮殿で自身の豪華結婚式の費用を公金で処理し、ブラジルに居住する姉が日産から諮問業務報酬を受け取っていたという疑惑を繰り返し否定した。

ゴーン氏は「(公私混同は)正直に言うが、なかった」とし「このような問題が生じれば、(正しく証言する人々は)姿を隠すことになる」と主張した。

ゴーン氏は日本で逮捕された後、ブラジル政府から十分な支援を受けることができなかったとし、「ブラジル国籍を有していることは、日本でほとんど意味がない」と不満を吐露した。

これに先立ち、ゴーン氏は12日付の朝日新聞とのインタビューで「違法(不法)の出国だった」と認めた。あわせて「(逮捕後)14カ月間、検察だけが発言をしたのに、(8日のレバノンでの記者会見で)2時間しか話していない私を『一方的だ』と言うのか。冗談じゃない」と批判した。

今月8日、ゴーン氏はレバノン・ベイルートで記者会見を行って日本の司法制度を批判し、これに対し東京地裁は「一方的な主張は到底受け入れられない」というコメントを出した。

ゴーン氏は保釈中だった先月29日、レバノンに逃走して今月9日に国際刑事警察機構(ICPO)を通した日本の要請により、レバノン検察から事情聴取を受けた。

現在、レバノン検察はゴーン氏に出国禁止令を出している。これに伴い、日本での身柄引渡しの可能性は低くなった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP