주요 기사 바로가기

北の露骨な韓国無視…その背景にはハノイでのノーディル、金剛山観光再開不発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.13 11:24
0
「ゆでた牛の頭が大笑いする」(2019年8月16日の文在寅大統領の光復節祝辞での平和経済提案に対する北朝鮮の立場)と言っていたかと思えば「馬鹿の境遇になるのを願わないならば自重している方がよかろう」(1月11日の鄭義溶国家安保室長の誕生日祝賀メッセージ伝達に対する北朝鮮の立場)とまで言われた。際限なく手を差し伸べる韓国に北朝鮮がこれほどまで面罵と無視で一貫する理由は何だろうか。

複数の政府内外消息筋は昨年2月のハノイでのノーディールによる不信増幅を主な理由に挙げた。北朝鮮は2018年9月に平壌(ピョンヤン)南北首脳会談共同宣言で「寧辺核施設の永久的廃棄」に合意し、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁解除などが担保されたものと理解したという。

ハノイ会談直前である昨年1月に金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長が米国を訪問した際に「寧辺のほかに別の核施設はない」という趣旨で主張したのもこうした背景だったという。米国が具体的な非核化措置計画を問うと、「それは最高指導者が決めること」という形でごまかし、制裁緩和だけ主に要求したということだ。

これにより米国は北朝鮮の最終目標が本当の非核化ではなく「寧辺の非核化」ではないのかと疑い、生半可な制裁解除は認めないという立場を再び確認した。

峨山政策研究院のシン・ボンチョル安保統一センター長は、「韓国政府が平壌での南北首脳会談で寧辺を差し出せば米国が譲歩するという誤った期待感を植え付けた側面がある。特に今回重鎮の金桂冠外務省顧問が直接談話を出したのは韓国が国内政治的利益を狙って仲裁者のような印象をふりまき続けていることに特に怒っているようだ」と話した。北朝鮮は韓国が「配達事故」を起こしたとみている形だ。

だからと金剛山(クムガンサン)観光再開など韓国の独自制裁が解けたのでもなかった。ある対北朝鮮消息筋は「北朝鮮の立場では、韓国は米国を説得もできず独自制裁を解除する度胸もないとみている。いま金委員長の不満はこれまで韓国の話を信じてとても大きく出てきたがいまになって収拾するのが大変だということ」と打ち明けた。

北朝鮮のこうした韓国無視は相当期間続く見通しだ。キム・ホンギュン元外交部韓半島平和交渉本部長は「北朝鮮はすでにトランプ大統領を引き込むのに成功しており、南北関係を改善して米国から何かを勝ち取る可能性はないとみる。『米国と交渉をしようが対決をしようが韓国の役割はないから度々割り込もうとするな』というメッセージを繰り返して出す理由」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP