주요 기사 바로가기

日本の化学メーカー、半年ぶりに液体フッ化水素の韓国輸出…昨年末に許可

ⓒ 中央日報日本語版2020.01.10 10:45
0
日本のある化学メーカーが約6カ月ぶりに韓国への高純度フッ化水素を輸出する。日本経済新聞が10日、報じた。

報道によると、大阪市に本社を置くフッ化水素専門メーカーの森田化学工業は、日本政府の許可を得て韓国に輸出する液体高純度フッ化水素を今月8日に出荷した。

同社は昨年12月24日に日本政府から韓国輸出の許可を得たことに伴い、「7月以降、輸出できない状況が続いていたが解消されたことになる」と同紙は伝えた。

森田化学は韓国のフッ化水素市場の約3分の1を占め、サムスン電子やSKハイニックスなどに製品を供給してきた。森田化学の担当者は、今回の輸出許可に関連して「出荷量が以前の水準まで回復するかは見通せない」と話した。

また同紙は、韓国にフォトレジストの生産施設を構築する方針だという米デュポンの前日の発表を報道し、「デュポンのような動きが増えれば日本企業の競争力に影響する可能性もある」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP