주요 기사 바로가기

韓国の球技、東京五輪ではどの種目が活躍するのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.08 15:28
0
金3、銀8、銅4。1976年のモントリオールオリンピック(五輪)で女子バレーボールが3位に入って以降、韓国が団体球技種目で獲得したメダルだ。団体球技種目は毎大会メダル1個以上(ボイコットした1980年モスクワ五輪除く)を獲得していた。しかし4年前のリオデジャネイロ五輪では3つの細部種目に出場し、ノーメダルに終わった。今年の東京五輪ではどうなるのだろうか。五輪を控えた団体球技種目の事情をチェックした。

東京五輪団体球技種目は野球・ソフトボール、サッカー、バレーボール、バスケット、ハンドボール、ホッケー、水球、7人制ラグビーの8種目(細部種目16)だ。うち野球、女子ハンドボール、男子ラグビーが五輪出場権を獲得している。男子・女子ホッケーとソフトボール、女子ラグビーは脱落した。残りの種目は予選中または予選前だ。

キム・ハクボム監督が率いるU-23(23歳以下)サッカー男子代表は8日からタイで開催されるアジアサッカー連盟(AFC)選手権に出場する。五輪アジア予選を兼ねたこの大会で日本を除いた上位3カ国が五輪の舞台を踏む。李康仁(イ・ガンイン)、白昇浩(ペク・スンホ)は合流できず、チョン・ウヨン、イ・ドンジュン、呉世勲(オ・セフン)らに期待がかかる。グループリーグC組の韓国はウズベキスタン、イラン、中国の強豪チームと対戦する。

女子サッカーは来月3-9日に済州(チェジュ)で3次予選が行われる。同じA組の北朝鮮が不参加を決め、韓国は1位が有力視される。最終プレーオフでB組2位とホームアンドアウエー方式で対戦する。中国または豪州が対戦相手となる可能性が高い。

男女バレーボールは7日に開幕したアジア地域予選(男子は中国開催、女子はタイ開催)に出場中だ。1位だけが五輪に進出できる。可能性は金軟景(キム・ヨンギョン)がいる女子の方が高い。世界9位の韓国は14位のタイと進出権を争う。男子(24位)はイラン(8位)、豪州(15位)、中国(20位)と競争する。女子は3大会連続、男子は20年ぶりの進出を狙う。

女子バスケット(19位)は来月6-9日に最終予選を行う。スペイン(3位)、中国(8位)、英国(18位)と4カ国でリーグ戦を行い、上位3チームが五輪に進出する。中国と英国は韓国よりランキングが高いが、勝てる可能性もあるという評価だ。けがから復帰したパク・ジスの活躍が期待される。男子(30位)は6月に世界予選(リトアニア)に出場する。リトアニア(8位)、ポーランド(13位)など6カ国のうち1位だけが五輪に進出する。

アジア予選2位で直行チケットを逃した男子ハンドボールは世界予選(4月17-19日、ノルウェー)に出場する。ノルウェー、スペイン、チリと4カ国のうち2位以内に入らなければいけない。世界選手権準優勝のノルウェーが最強で、韓国とスペインの2位争いが予想される。

男女水球は2月にアジア予選、3月に世界予選が行われるが、他のチームとの差は大きい。

本大会でメダルを狙える種目は少ない。最も有力な種目は野球だ。出場国が6カ国(日本、韓国、メキシコ、イスラエル、2チームは未定)であるからだ。日本を除いては韓国より戦力が高いチームはない。メジャーリーグの選手は出場できないからだ。

歴代五輪で金2、銀3、銅1を獲得した女子ハンドボールは世代交代で戦力は依然より落ちる。2016年のリオ五輪(10位)と昨年の世界選手権(13位)ではベスト8入りも果たせなかった。

ランキング31位のラグビーは初勝利が現実的な目標だ。

まだ五輪本大会行きが決まっていない種目の中では男子サッカーがメダルを狙えるという評価だ。年齢制限(23歳以下)およびオーバーエージ(23歳超過選手3人)制度があり、それなりに競争力がある。男子サッカーは2012年ロンドン五輪で銅メダルを獲得し、2016年リオ五輪ではベスト8に進んだ。

2大会連続でベスト8に進出した女子バレーボール(ロンドン4位、リオ8強)も運が良ければメダルを狙うことができる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の球技、東京五輪ではどの種目が活躍するのか

    2020.01.08 15:28
    뉴스 메뉴 보기
    2008年北京五輪で金メダルを獲得した韓国野球代表。[中央フォト]
    TOP