주요 기사 바로가기

イランの米報復攻撃にドル相場と石油化学銘柄の株価急騰

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.08 11:06
0
イランが8日午前、イラク国内の米軍駐留基地にミサイルを発射したとのニュースが伝えられたことを受け、この日証券市場では取引開始とともに石油化学関連銘柄の株価が急騰した。

8日午前9時30分現在、有価証券市場で石油化学製品製造業の韓国石油は前取引日より22.30%上がった17万ウォンで取り引きされた。

同じ時間SHエネルギー化学が17.69%、極東油化が9.50%、中央エネビス2.39%など石油化学関連メーカーの株価も上昇した。

この銘柄はすでに米国とイランの対立が高まり一度株価が大きく上がった。ソレイマニ司令官死亡後に中東産原油の供給支障への懸念から国際原油価格は上がっている。

ドル相場も急騰した。

この日ソウル外国為替市場のウォン・ドル相場は午前9時22分現在、前日終値より11.7ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1178.1ウォンを記録した。

為替相場は前日終値より3.9ウォンのドル高となる1ドル=1170.3ウォンで取り引きが始まってからドル高の動きを見せている。

この日イランのイラク米軍基地攻撃のニュースは取引開始前に伝えられた。イラン国営テレビはこの日午前、イランが米軍が駐留するイラクのアイン・アル・アサド空軍基地に地対地ミサイル数十発を発射したと報道した。米国防総省もこれを正式に確認した。

ロイター通信によると、攻撃地点は米軍が駐留中であるイラク西部アル・アサド空軍基地とイラク北部と伝えられた。現在被害状況は確認されていない状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP