주요 기사 바로가기

韓経:<CES2020>失敗繰り返さないLGのロボット掃除機が登場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.08 10:49
0
「人工知能(AI)だからとみんな同じAIではない」。

LGエレクトロニクスが6日に米ラスベガスのホテルで開いたグローバルプレスカンファレンスでこうしたメッセージを出した。AI機器が徐々に普遍的機能を超え個人に合わせた機能を備え、命令したことだけする受動的存在からユーザーに新たな行動を提案する能動的存在に進化しているということだ。

LGエレクトロニクス最高技術責任者(CTO)を務めるパク・イルビョン社長は、「AIの発展段階は効率化(1段階)、個人化(2段階)、推論(3段階)、探求(4段階)の4段階で構成されている。家電業界だけでなくグーグルやアマゾンなどが提供するAIサービスはまだ1段階にとどまっている」と説明した。現在の大衆化されたAI技術は「オンラインショッピングモールでジュースを注文して」などの決まった命令を遂行する水準という分析だ。

ユーザーの行動パターンを確認したり(2段階)、ユーザーの行動の原因と結果を分析し(3段階)、AI自ら仮設を立てて検証した上でユーザーに新たな解決策を提案する(4段階)段階にはまだ至っていないという意味だ。

LGエレクトロニクスは2段階を目標に進化を模索している。準備中の製品はロボット掃除機だ。現在販売されているロボット掃除機は袋小路に挟まり抜け出せなくなる「経験」をした後も持続的に同じ行動を繰り返す。反復学習を通じた進化ができないためだ。LGエレクトロニクスが今年発売する予定の新製品は特定空間での失敗経験を学習し、同じ失敗を繰り返さないよう変わる予定だ。彼は「2段階に到達すればジュースを注文する時もユーザーが好きな製品を判断して注文し、ニュースチャンネルを選ぶ時もユーザーの好みに基づいてチャンネルを推薦することが可能になる」と説明した。

3月から北米市場で本格的に運営する予定の「プロアクティブサービス」も紹介した。モノのインターネット(IoT)とビッグデータ基盤のAI技術を活用し、顧客の製品使用パターンを学習する。ユーザーの製品使用パターンを学習して製品が故障する兆しを見せればこれを先制的に顧客のLGシンキューのアプリや電子メールなどを通じて知らせてくれる。

パク社長は「LGシンキューのようなAIが成長するためには明確で体系化されたロードマップが必要だ。正しい技術開発の方向性を提示し、究極的に顧客がより良い生活を送れるようにするだろう」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:<CES2020>失敗繰り返さないLGのロボット掃除機が登場

    2020.01.08 10:49
    뉴스 메뉴 보기
    <サービスして料理するLGロボット軍団>LGエレクトロニクスのモデルが7日に米ラスベガスで開幕した「CES2020」展示ブース内でレストランサービスロボットを紹介している。[写真 LGエレクトロニクス]
    TOP