주요 기사 바로가기

<CES2020>自動車企業トヨタはスマートシティ建設

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.08 09:48
0
(1)3車線道路のうち1車線は自動運転車専用の町(2)炭素排出を減らすため建物の大半は木材(3)健康をチェックするロボットが家庭に常駐(4)水素燃料電池基盤の太陽光パネルで建てられた家。

自動車企業のトヨタが6日(現地時間)、米ラスベガスの「CES2020」で発表した「トヨタ実験都市」計画の一部だ。トヨタ自動車の豊田章男社長はこの日の記者会見で「来年中に静岡県の旧トヨタ自動車工場跡地を再開発し、スマートシティを構築する」と発表した。トヨタがスマートシティに公式的に付けた名称は「ウーブンシティ」(woven city)。網目のようにきめ細かな都市という意味を込めている。

汝矣島(ヨイド)の4分の1程度(70万2000平方メートル)の大きさのこの都市には、トヨタの職員とその家族2000人が実際に居住する。ここではトヨタが現在開発中の人工知能(AI)・ロボット・自動運転など最先端技術がすべて具現される予定だ。

多くの企業・都市が一部の限られた空間で実験だけをするテストベッドの運営にとどまっていたのに対し、トヨタのプランは具体的で大胆だ。「実際に人が暮らす都市」を構築するということだ。都市の全体デザインはデンマークのスター建築家ビャルケ・インゲルス氏が担当する。

豊田社長はこの日、「トヨタは世界をより良いところにするための役割をしていて、スマートシティは小さいが重要な第一歩」と強調した。来年から始まる実験がある程度成功すれば、トヨタはもう自動車企業を超える可能性がある。ハードウェアと情報・技術(IT)を包括する企業に飛躍するということだ。

スマートシティはグーグルのようなグローバルIT企業も目を向けている領域だ。グーグルの親会社アルファベットは都市計画事業のための子会社「サイドウォーク・ラボ」を設立した。現在、同社はカナダのトロントにスマートシティ「キーサイド(Quayside)」を構築している。トロントの東側オンタリオ湖畔に造成されるこの都市は、トヨタのウーブンシティのように自動運転車が走行し、状況によって交通信号が自動で変わる「適応型交通信号システム」が導入される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <CES2020>自動車企業トヨタはスマートシティ建設

    2020.01.08 09:48
    뉴스 메뉴 보기
    トヨタが6日、「CES2020」で公開したスマートシティ「ウーブンシティ」の仮想の姿。[写真 トヨタ]
    TOP