주요 기사 바로가기

TWICEのジヒョ、ファンたちに心境を打ち明け「デマと悪質な書き込みで恐怖」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.01.07 13:10
0
グループTWICE(トゥワイス)のメンバー、ジヒョがファンたちとのコミュニティ空間で敏感に反応したことを謝罪し、率直な心境を打ち明けた。

ジヒョは7日明け方、公式ファンクラブのホームページを通じて「昨日、チャットを通じてもしかしてONCE(ファンクラブ)の方々も傷ついて失望したかもしれないと思って申し訳ないと話したかった」とし、これに先立って論議を呼んだ「ウンエンウン(「ぶつぶつつぶやく」という意味で、急進的なフェミニストが男性を侮辱する時使う表現)」発言について謝罪した。また「同情してほしい訴えるわけでなく、分かってほしいと言っているわけでもない。私が昨日、なぜ誰かに否定的な表現を使うことになったのかを話したかった」とし、「私がどんなことを体験しても、私はONCEの前で真心を込めずに近寄ったことがなく、ONCEが大切でないと思ったことがなく、ONCEを心配しなかったことがない。昨日も私は本気だった」と打ち明けた。

問題の発端であり、一部の悪質な書き込みを作成した人々が気になっていた『MAMA』の授賞式の途中に席を外したことに対しても釈明した。「昨年3月ごろ、とんでもないデマで私の名前が取り沙汰され、その時から人々に向き合うことに対する恐怖が大きくなった。空港で涙を見せた理由も人々が私を撮影し、大声を張り上げることなどに大きな恐れと恐怖(のためであり)を感じた。どう思われどのような視線で見られるか怖かった」として「8月に私のプライバシーが知らされ、その後事実でない話も出回り不安感、憂うつ、恐怖など否定的な感情は大きくなってしまった。人々の前に立ったり何かを話したり舞台に立ったりすることが怖すぎてつらかった」と明らかにした。

また「ツアーの途中にも恐ろしい感情が大きくなり病院も訪れて相談もして薬も飲んでみたが、多いに役に立たなかった」として「日本ツアーが始まり、MAMAの直前にあった日本公演の時から人が多い所に立つのが大変だった。3日公演の間、恐怖感のせいで泣き続け隠れたかったが、MAMAに出演することになって公演の時よりはるかに多くの人々に向き合って語り、舞台に立つことになって呼吸することすら大変だった。韓国に入国する時もまた泣く姿、つらい姿を見せることになるかと心配をかけたくないと思ってメンバーらと違う時間に入国した」と説明した。

特に、ジヒョは「最も申し訳ないのは今、わがチームが、またONCEがとても紛らわしい時期ということは本当によく分かっている。そのため、昨日感情的に話したことに対してとても申し訳ない。ONCEにもチームにも、そのことでメンバーにまで釈明するかのように文章を載せ、その文章をやONCEが話していることを見ながら、私がまとめて説明した方が良いと思ってこのように書くことになった」とメンバーらとファンたちに謝罪した。

ファンたちには「私がONCEの前で歌を歌い、舞台に立って語るすべてのことは私とONCEが幸せになってほしいと心より望んでいるためにやっているのだ。私を愛して温かく抱いてくれるONCEがいるからだ。私はさまざまなことに耐えられるからONCEの心が痛むようなことは見ないでほしい。私が頑張るから幸せで大切な時間を他のことで費やしたくない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    TWICEのジヒョ、ファンたちに心境を打ち明け「デマと悪質な書き込みで恐怖」

    2020.01.07 13:10
    뉴스 메뉴 보기
    TWICEのジヒョ
    TOP