주요 기사 바로가기

金正恩委員長の誕生日の2日前…米偵察機がまた韓半島飛行

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.07 08:53
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の誕生日を2日後に控え、米軍が韓半島(朝鮮半島)上空に偵察機を出動させた。北朝鮮が8日の金委員長の誕生日に合わせて挑発を敢行する可能性があるとみて、米軍が対北朝鮮監視を強化したと考えられる。

6日の民間航空追跡サイト「エアクラフトスポット」によると、米国空軍偵察機リベットジョイント(RC-135W)が韓国上空3万1000フィート(9.4キロ)を飛行した。具体的な飛行時間は公開されなかった。

米空軍の主力通信情報把握偵察機RC-135Wは、ミサイル発射前に地上遠隔計測装備テレメトリーから発信される信号をとらえて弾頭の軌跡などを分析する装備を搭載している。昨年12月30日と31日、1月1日にも韓国上空でこの偵察機の飛行が確認された。

今回の偵察飛行については、従来の計画に基づいた通常の作戦という意見と共に、米国が北朝鮮の挑発の動向を把握するためという解釈も出ている。

米国メディアは米国防総省が金委員長の誕生日の8日または故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日の2月中旬に北朝鮮が挑発する可能性を念頭に置いていると報じた。

金委員長は最近、北朝鮮労働党全員会議で米国の対北朝鮮敵対政策を非難し、「遠からず朝鮮民主主義人民共和国が保有することになる新たな戦略武器を目撃するだろう」と挑発を予告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金正恩委員長の誕生日の2日前…米偵察機がまた韓半島飛行

    2020.01.07 08:53
    뉴스 메뉴 보기
    米軍偵察機リベットジョイント(RC-135W)[写真 米空軍]
    TOP