주요 기사 바로가기

米国、北朝鮮首脳部斬首作戦なら…在韓米軍「グレイイーグル」が有力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.06 16:54
0
イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を死亡させた米軍の空襲は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に向けた警告メッセージとも解釈されている。北朝鮮首脳部に対する斬首作戦の「予告編」ということだ。

◆北朝鮮斬首作戦の戦力はグレイイーグル

ソレイマニ司令官の先例で何よりも注目されるのは無人機の活用度だ。米国は今回、特殊部隊の投入なく無人機の空襲だけで敵の要人を効果的に除去できる能力を誇示した。軍当局者は「イラン軍のような閉鎖的な指揮体系ではシステムよりも人物中心に作戦が運用されるため、有事の際、味方の被害を最小化する方法としてこうした斬首作戦が必須であり、大きな効果を発揮する」と説明した。韓半島(朝鮮半島)核戦争が金正恩委員長の決断にかかっているという点で、北朝鮮にも適用される言葉だ。

米軍が北朝鮮首脳部斬首作戦に動く場合、戦力として在韓米軍の無人攻撃機MQ-1C「グレイイーグル」を活用する可能性が高い。在韓米軍は2015年にグレイイーグルを群山(クンサン)基地に配備することを決め、2018年2月に12機で構成されたグレイイーグル中隊の創設式を開いた。

グレイイーグルはソレイマニ司令官の除去に使われたMQ-9「リーパー」ほどではないが、北朝鮮が十分に恐れる武装能力を持つ。8キロ離れた敵の戦車を攻撃できるヘルファイア対戦車ミサイル、最新型小型精密誘導爆弾GBU-44/Bバイパーストライクをそれぞれ4発搭載でできる。北朝鮮の主要標的に対する直接打撃が可能で、偵察能力も保有する。「韓半島のグレイイーグルは攻撃よりも偵察中心に使用される」という在韓米軍の立場表明にもかかわらず、配備当時から北朝鮮指揮部斬首作戦用と評価されてきた。

◆金正恩委員長の動きは通信傍受と衛星で多重チェック

攻撃手段が整えば、次のカギは位置把握能力だ。要人が移動する時に速かに致命傷を負わせるためだ。ソレイマニ司令官の場合、バグダッド空港から車で移動中にリーパーの空襲を受けた。米軍は情報部員や通信傍受などでソレイマニ司令官の動きを随時追っていたという。

韓米軍と情報当局も金正恩委員長など北朝鮮首脳部の動きを追跡・監視している。通信傍受や衛星で金正恩委員長の車など移動手段の経路を探知する。実際、韓米は金正恩委員長の参観の動きからミサイル試験発射の兆候を確認した。政府関係者は「金正恩委員長が露出を防ぐために時には専用車の代わりに幹部の車を利用する」とし「米朝関係がふさがり身辺の危険が高まった状況で警戒感を表したことがある」と伝えた。

◆斬首作戦に北朝鮮は敏感な反応

現在、軍当局の北朝鮮首脳部斬首作戦は2017年12月に発足した特殊任務旅団(特任旅団)が担当している。特殊武器で武装したこの部隊は今後、自爆型無人機まで保有する計画だ。要人除去にリーパーが活用される斬首作戦の先端化傾向を反映するという趣旨だ。

北朝鮮はその間、軍当局の特任旅団に激しく反発してきた。特任旅団創設当時、北朝鮮は「特別に訓練されて準備された特攻隊といえども我々の革命の首脳部に接近する前に消滅するだろう」と脅迫した。2016年上半期の「キー・リゾルブ」から適用された「作戦計画5015」に北朝鮮首脳部除去作戦が含まれたことを対しても「我慢できない冒とく行為」と非難した。

軍当局は斬首作戦について「ローキー(low-key)」基調を維持している。斬首作戦という言葉から軍で公式に使用されるものではないという立場だ。これには、北朝鮮の最高の尊厳に対する刺激的な表現が対北朝鮮非核化交渉に悪材料として作用するという計算がある。軍の一部では、対北朝鮮関係を考慮して特任旅団の活動が萎縮するのではという声も出ている。昨年、対象企業を選定することにした自爆型無人機導入事業が遅れているのもこれと無関係でないということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国、北朝鮮首脳部斬首作戦なら…在韓米軍「グレイイーグル」が有力

    2020.01.06 16:54
    뉴스 메뉴 보기
    群山空軍基地に配備された米国のグレイイーグル(Gray Eagle)。
    TOP