주요 기사 바로가기

「襲撃」に中東に目を向けた米国…「北、関心を引こうと挑発の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.03 14:21
0
エスパー米国防長官が「先制行動(preemptive action)」に言及し、イランに強く警告した。2日(現地時間)に米国防総省で記者らと会った場でだ。

エスパー長官はこの日、「イランは米国と中東地域で米国の利益に対する追加攻撃を計画するとみられる」とし「我々は米軍と米国市民の生命を守るために先制行動をとるだろう」と述べた。続いて「ゲームが変わった。我々は中東に駐留する兵力と米国の利益、友好国を守るのに必要なことをする準備ができている」と話した。

先制行動は相手が挑発や軍事作戦の兆候を見せる場合、先手を打つことを意味する。米国がイランの攻撃を黙って受けることはないという意志を明らかにしたのだ。米国がイラクの親イラン民兵隊基地を爆撃し、これに対抗して親イランデモ隊がイラクの米国大使館を襲撃して高まった中東危機がさらに深刻化する兆候だ。

マーク・ミリー米統合参謀本部議長は「イランは少なくとも昨年10月から中東で米国を狙った攻撃を続けている」とし「我々は確信している。イランの攻撃は回数が増え、強度が高まっている」と述べた。また「親イラン民兵隊が米大使館を占領しようとすれば、すぐに難関にぶつかるだろう」と警告した。米メディアは追加空襲を示唆する発言と解釈した。

年初から中東危機が高まり、北朝鮮との非核化交渉は米国の外交・安保の優先順位で後回しになる見込みだ。峨山政策研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)安保統一センター長は「米国は中東とイランでの対応に追われ、当分は北に関心を向ける余裕がない」とし「このため北が米国の関心を引くために挑発をする可能性がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「襲撃」に中東に目を向けた米国…「北、関心を引こうと挑発の可能性」

    2020.01.03 14:21
    뉴스 메뉴 보기
    米海兵隊が昨年12月31日、イラクのバグダッド空港で垂直離着陸輸送機MV-22オスプレイに搭乗している。この兵力は在イラク米大使館の警備を強化するため派兵された。夜中に無人機ドローンが赤外線(IR)カメラで撮影したとみられる。[写真 米海兵隊]
    TOP