주요 기사 바로가기

ゴーン氏、AFPから声明「レバノン逃亡に妻の役割なかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.03 09:27
0
日本での自宅軟禁を避けてレバノンに極秘逃亡したルノー・日産・三菱アライアンス前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が2日(現地時間)、自身のレバノン行きの過程に家族の介入はなかったとAFPを通じてコメントを出した。

ゴーン氏はAFPに送った短い声明で「私の妻キャロルと他の家族が私の日本出国にあたり何らかの役割を果たしたというメディアの報道は偽りだ」としながら「私は一人で出国を準備した」と主張した。

ゴーン氏の出国ニュースが伝えられた後に出てきたさまざまな憶測をしずめるための狙いがあるとみられる。

最近、毎日新聞など日本メディアは、レバノンメディアを引用してゴーン氏が自宅で開かれたクリスマスパーティーを利用して日本を脱出したという疑惑を提起した。楽団を装った民間警備会社の人々が持ってきた楽器ケースに体を隠して脱出したとするものだ。

また、ゴーン氏の全体的な脱出計画は妻であるキャロル氏が主導したと報じた。トルコ・イスタンブール空港を離れてレバノン・ベイルート空港に到着した自家用ジェット機にキャロル氏とゴーン氏が同乗していたという内容も出てきた。

しかし、ゴーン氏がレバノン逃走を一人で計画したと明らかにしたことで逃亡過程はますます迷宮に入り込んでいる。NHKはこの日、ゴーン氏側関係者を引用して「フランスから2通のパスポートの発行を受けていて、このうち1通を裁判所の許可を得て、鍵が付いたケースに入れた状態で携帯していた」と伝えた。

この証言が事実として明らかになれば、ゴーン氏は日本からは無断出国したが、レバノンには合法的な手続きで入国したことになる。このため、彼が事前にレバノン当局と議論した可能性も提起された。

しかしゴーン氏側はレバノン政府との関連性も否定した状態だ。ゴーン氏の弁護人は「(入国経緯)は個人的な問題」とし「(パスポートを利用した)合法的な入国でレバノンの受け入れに問題はない」と明らかにした。

ゴーン氏は先月30日、米国の代理人を通じて「やっとメディアと自由にコミュニケーションを取ることができるようになった」とし、日本を出国した事実を明らかにした。ゴーン氏は日本の「政治的迫害」から逃れたと主張した。

ゴーン氏は2018年11月、有価証券報告書の虚偽記載と特別背任罪など容疑で日本司法当局によって拘束され、10億円の保釈金を支払って昨年3月に釈放された。

その後、約1カ月後に再拘束された後、追加保釈請求の末に5億円の保釈金を出して昨年4月に釈放されてからは自宅軟禁状態で裁判を待っていた。

ゴーン氏はフランス・レバノン・ブラジルの国籍を持っている。ゴーン氏が日本司法当局を避けてレバノンに逃走したことをめぐり、日本とフランス・レバノンの葛藤も深まる雰囲気だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP