주요 기사 바로가기

韓経:今年のドル相場、対ウォンで緩やかな下落傾向示す見込み

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.02 10:25
0
大手証券会社10社のリサーチセンター長はほとんどが今年ドルが劣勢に転じると予想した。為替相場は1ドル当たり平均1100ウォン台中盤水準を維持すると予想した。国際原油価格は米中貿易交渉が順調に流れるならば1バレル当たり70ドル台まで上がると分析した。

センター長らは今年の為替相場を1ドル=1120~1220ウォンの間で動くと予想した。昨年1200ウォン前後で動いたドルが緩やかな下落傾向に転じるだろうという観測だ。世界経済の不確実性を拡大した米中貿易紛争と英国のEU離脱などグローバルイシューが一段落すれば景気下方リスクが弱まるだろうというのが根拠だ。これに伴い、安全資産であるドルに対する偏り現象も緩和されるだろうという話だ。

米中1段階貿易交渉により対人民元のドル相場もやはり落ちる可能性が高いと分析される。ハナ金融投資リサーチセンター長のチョ・ヨンジュン氏は「対ウォンのドル相場は対人民元のドル相場と似た動きを見せるため、対ウォンのドル相場も下がる可能性が高い。株式市場ではウォンの価値上昇にともなう外国人の買い越しが続く可能性が高い」と話した。

米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和的通貨政策などによりこれまで資金が多く放出されたという点もドル安転換の時期が迫っているとみる理由だ。新韓金融投資リサーチセンター長のユン・チャンヨン氏は、「ドルは1970年代以降『6年ドル高-10年ドル安』のパターンを繰り返した。ドルがピークに達してすでに劣勢に進入した」と分析した。

国際原油価格は米中貿易交渉と新興国の経済成長への期待で今年1バレル当たり70ドル(ウエスト・テキサス・インターミディエート基準)まで上がるだろうという見通しが出ている。石油輸出国機構(OPEC)、国際エネルギー機関(IEA)など世界のエネルギー機関は昨年末に報告書を通じ今年の原油需給が小幅に改善されることだと予想した。中国と日本、インドなどアジア地域の原油需要が増加しているという点を主要根拠に挙げた。韓国石油公社も同様の理由で今年国際原油価格が1バレル当たり70ドルまで上がるだろうとの見通しを出した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP