주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】韓国外交のおかしな「自尊心」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.31 06:51
0
#1.「文氏と対照的だったのが安倍晋三首相だ。習氏と同日会談した際に香港問題に『憂慮』を表明。ウイグルの人権問題について『透明性をもった説明』を働きかけた」

日本の権威紙である日本経済新聞24日付に掲載された記事の一部だ。前日の習近平国家主席との会談で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が香港・ウイグル問題に対して「中国の内政問題として認識している」と話したという中国メディアの報道に関する内容だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は記者団に対して「文大統領は『習主席の言及をよく聞いた』という趣旨の発言をしただけ」と説明したが、中国外交部は「この表現は事実に符合する」とし、事実上、中国メディアの肩を持った。

日経の報道のように、文大統領にとっては人権問題には何の関心もない指導者と刻印されて国際的な恥をかきかねない敏感な主題だ。だが、韓国政府は会談から4日後の27日に、韓国側の立場を中国政府に伝達したという。しかも記者会見ではなく報道を通じて先に知らされた内容で、中国がどのような立場を示したのかは知る由もない。

日本に対しては違う。24日の韓日首脳会談時、日本側関係者が文大統領の全ての発言が終わる前に記者団を退場させたという「欠礼」論争に韓国政府は現場で遺憾を伝達した。

#2.「強制徴用問題を外交的に解決するためにすべての方案に対して肯定的に検討する用意があり、このような立場を日本側に伝達した。しかし、日本の対応は単なる拒否を超え、我々の『国家的自尊心』まで傷つけるほどの無視で一貫した」

今年8月、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を宣言した後、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)青瓦台国家安保室第2次長が出したコメントだ。外交分野の青瓦台高位関係者が実名を掲げて攻撃的な記者会見に出たことも、重要な外交政策の判断基準として「自尊心の毀損」を取り上げたことも異例だった。自尊心の外交的再発見とでもいおうか。日本が相手のときだけ頻繁に召喚される文在寅政府の「自尊心」は中国よりも大きな穴が一つある。

政府と文大統領に対して「再び米朝の間の仲裁者として出てやろうと、身の程を知らずに暴れ回っている」「茹でた牛の頭も仰天して大笑いする(空を見て大きく笑う)」としながら露骨な非難を繰り返している北朝鮮だ。

韓国国民に対するこの侮辱的な言葉に対して、この政府が北朝鮮に直接正面切ってはっきり抗議したという話を聞いたことがない。

相手によって、利害によって揺れるような自尊心なら、外交舞台ではいっそ口の外に出さない方がそんなに恥もかかないだろう。

ソ・スンウク/東京総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【グローバルアイ】韓国外交のおかしな「自尊心」

    2019.12.31 06:51
    뉴스 메뉴 보기
    【グローバルアイ】韓国外交のおかしな「自尊心」
    TOP