주요 기사 바로가기

SJヒチョル、故ソルリの猫を引き取っていたことを告白 「今まで公開しなかったのは…」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.12.30 16:31
0
韓国ボーイズグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のヒチョルが、故ソルリが飼っていた猫を引き取っていた事実を明らかにした。

ヒチョルは今月29日、『SBS芸能大賞、その後』というタイトルのYouTube(ユーチューブ)ライブ放送中、「すでにご存知のことと思うが、ソルリの猫『ゴブリン』を私が飼っている」と話した。

これに先立ち、SBSバラエティ番組『憎い我が子』では、ソルリが飼っていた猫と見られるがヒチョルの家にいることがキャッチされていた。ヒチョルはこれに対して特にこれといったコメントはせず、口を閉ざしてきた。

ヒチョルはこれまでゴブリを公開しなかったことについて、「『憎い我が子』を撮影するためにゴブリンの部分は編集してほしいと頼んでいた」とし「人々が彼女たちを追慕し、追憶して記憶することは感謝するべきことだが、そこに便乗して性別で争うなどの姿が見たくないのですべて編集してほしいとお願いした。ちゃんと聞き入れてくれた『憎い我が子』にありがとう」と伝えた。

あわせて「私は2人の妹たち(ソルリ、ク・ハラ)に対する話をあえてしないように、それが表に出ないようにした。なぜなら2人の妹は言える言葉がないではないか」としながら「これを利用して自分たちの好みに合わせてストーリーを作ること、推測がまた別のデマを作ることが怖かった。だからただそのまま一生懸命隠そうとした」と内心を打ち明けた。

ヒチョルはゴブリンを直接懐に抱いて、YouTubeの視聴者に披露した。「私の妹、ソルリを愛し、記憶し、大切にしてくださった皆さん、(ゴ)ブリンは元気だから心配しないでください。元気に過ごしています」とし「ブリンが初めてやってきた時、病気だった。背中に出来物があり、病院に連れて行って手術も受けさせた」と伝えた。

また、ヒチョルはタレントのユ・ジェソクが「SBS芸能大賞」で大賞を受賞した後、亡くなったソルリやク・ハラに言及して追慕したことに対して「(所感を聞いて)心は苦しかったが、心の中ではとても感謝した。本当に素晴らしかった」とし、感謝を表わした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    SJヒチョル、故ソルリの猫を引き取っていたことを告白 「今まで公開しなかったのは…」

    2019.12.30 16:31
    뉴스 메뉴 보기
    故ソルリさんの飼い猫ゴブリンを引き取り面倒を見ていると、YouTube放送中に告白したSUPER JUNIORのヒチョル。
    TOP