주요 기사 바로가기

【社説】韓半島に戦雲が漂うが、韓国政府は何をしているのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.27 07:48
0
北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射と米国の軍事行動の可能性で緊張がピークに達したクリスマスが大きな問題なく過ぎた。しかし北朝鮮が挑発をやめたという結論を出す兆候は見えない。北朝鮮は予告した通り3、4日以内に労働党中央委員会全員会議を開き、「決死抗戦」の意志を結集する公算が大きい。続いて金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はこの会議の結果に基づき「新年の辞」を発表し、「自分の進む道」を明らかにするとみられる。その過程でICBM発射のような挑発を通じて揺さぶりをかける可能性が依然として残っている。

こうした流れを感知したかのように米国も慌ただしく対応している。24、25日にRC-135WリベットジョイントやRQ-4グローバルホークなど最先端偵察機4機を東海(トンヘ、日本名・日本海)に出撃させ、北朝鮮の軍事動向を精密監視したと伝えられた。偵察機は過去には位置識別装置を消して飛行したが、今回は北朝鮮に見せるように装置をつけて公開飛行をした。「挑発すれば軍事行動で対応する」という警告と変わらない。それだけ韓半島(朝鮮半島)情勢は緊迫している。

ところが、韓国政府の対応はあまりにものんきだ。23、24日に中国を訪問した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は連日、対北朝鮮制裁の緩和と「平和経済」の必要性を強調し、「北東アジア鉄道共同体」構想を話している。北朝鮮をなだめて交渉に導こうという意図だが、金正恩委員長が「クリスマスプレゼント」を云々しながら露骨にICBM発射の可能性を表しているところにこうしたメッセージを投げかければ、北朝鮮の誤った判断と韓米連携の亀裂ばかり招きかねない。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者が25日、中国の習近平国家主席の訪韓の可能性について「上半期が確定的だと見てもかまわない」と話したのも同じだ。両国間でまだ結論が出ていない習主席の訪韓を、政府高官が外交欠礼という声を覚悟してまで「確定的」と述べたのは、これを通じて北朝鮮の挑発を防ごうという意図があるとみられる。しかし北朝鮮の戦略的な決断を中国首脳の訪韓のような一過性のカードを動員して防ぐという考えには限界があるしかない。

政府の最優先課題は「挑発はさらなる制裁を自ら招く悪手」であることを北朝鮮に確実に悟らせ、交渉テーブルに導くことだ。そのためには韓米の連携を完全に復元し、日本との安保協力も立て直して、対北朝鮮レバレッジを増やす努力が求められる。これを通じて北朝鮮の非核化が進展すれば制裁緩和は自然に実現する。安易な制裁緩和は平壌(ピョンヤン)当局を大胆にさせ、北朝鮮を取り返しのつかない核武装国家にするだけだ。

北朝鮮も賢明な選択をする必要がある。トランプ大統領は下院で弾劾案が通過した危機状況だ。こうした状況で北朝鮮が挑発すれば、トランプ大統領は「ブラッディー・ノーズ(鼻血)作戦」のような軍事行動で窮地を免れようとする可能性がある。北朝鮮は尋常でないワシントンの動きを直視し、対話と交渉のほかには方法がないということを早く悟ることを望む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP