주요 기사 바로가기

TWICE、日本オリコン「年間アーティストトータルセールスランキング」K-POP歌手で今年最高記録

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.12.24 13:57
0
韓国ガールズグループTWICE(トゥワイス)が日本でK-POPアーティストのうち今年最高記録を達成する快挙を成し遂げた。

23日午前、日本オリコンが発表した「年間ランキング2019」の「年間アーティストトータルセールスランキング」(2018年12月24日~2019年12月16日集計基準)によると、TWICEはK-POP歌手として最高順位となる4位にランクインした。

「年間アーティストトータルセールスランキング」はシングル・アルバム形態のCD・DVDとBlu-ray映像物、デジタル音源のダウンロードおよびストリーミングなど音楽コンテンツの総販売額を基準としている。今年の日本音楽市場で、誰がどれくらい大きな活躍をしたのか確認できる年間総決済ランキングだ。

TWICEは該当ランキングでK-POP歌手のうち最高順位を記録し、2017年6月に日本デビューを果たして以来、最高の成績を収めてさらに耳目を集めている。「オリコン年間ランキング2019」内の「年間アルバムランキング」でも、今年3月に発売したベスト2ndアルバム『#TWICE2』で韓国ガールズグループで唯一6位にランクインした。

オリコンだけでなく、Billboard JAPAN(ビルボードジャパン)、タワーレコード、Spotify(スポティファイ)が発表した年間ランキングでも「K-POP代表ガールズグループ」の天井知らずの成長ぶりを見せた。

TWICEは「ビルボードジャパン 年間ランキング2019」内の音盤販売、音源のダウンロードおよびストリーミング、SNS点数を合算した総合チャート「トップアーティスト」部門(2018年11月26日~2019年11月24日集計基準)で今年K-POP歌手としては最高記録となる5位にランクインした。

タワーレコードの「2019ベストセラーズ」内の「K-POP国内アルバム TOP10」部門(2019年1月1日~2019年11月30日集計基準)では、『#TWICE2』とオリジナル2ndアルバム『&TWICE』でそれぞれ1位と6位にランクインした。

Spotifyの「2019年Spotify 日本ランキング」内の「日本国内で最も再生されたアーティスト」部門(2019年1月1日~2019年11月25日集計基準)でも5位に入った。これはK-POPガールズグループ最高記録に該当する。

先月20日に発売された『&TWICE』は12月2日付オリコン週間アルバムランキングの首位にランクインし、これでTWICEはグループ通算5回目の1位を手にして「海外女性アーティストのアルバム1位獲得作品数」でマライア・キャリーと並ぶ歴代2位タイとなった。『&TWICE』は12月5日付オリコンデイリーアルバムランキング1位を奪還して、不動の人気ぶりを誇った。

最近、TWICEは3年連続国内音盤累積販売量100万枚達成のニュースを伝えて話題を集めたことに続き、23日には韓国と日本のアルバム累積販売量(出庫量基準)合算800万枚を突破した。

一方、TWICEは今年K-POP歌手としては唯一3年連続で日本NHKの年末看板歌番組『紅白歌合戦』への出場が決まり注目された。ワールドツアー『TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’』を開催中のTWICEは2020年3月3日と4日、東京ドームでの2回の追加公演を開催する。3月7日と8日にはソウル松坡区(ソンパグ)KSPO DOME(オリンピック体操競技場)でワールドツアーのフィナーレステージに立ち、「全世界17都市29公演」に達するワールドツアーの有終の美を飾る。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    TWICE、日本オリコン「年間アーティストトータルセールスランキング」K-POP歌手で今年最高記録

    2019.12.24 13:57
    뉴스 메뉴 보기
    TWICE
    TOP