주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>北がICBM発射しても米国の軍事オプションは困難(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.20 10:35
0
北朝鮮がクリスマス前後に米国に「悪いプレゼント」を送れば、米国は軍事オプションを使うのだろうか。チャールズ・ブラウン米太平洋空軍司令官は17日、ワシントンで北朝鮮がレッドラインを越えないよう警告した。米国のレッドラインは北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核実験の再開だ。その時は米国が軍事攻撃をするということだ。ブラウン司令官は「2017年に我々がしたもの(軍事オプション)を使う準備ができている」と述べた。しかし実際には米国は軍事オプションの準備をほとんどしていない。司令官のトーンは警告でなく北朝鮮に「どうかレッドラインを越えないでほしい」と哀願するような感じだ。

現在としては北朝鮮が年末に米国に「良いプレゼント」を送る可能性は極めて低い。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が強く要求している対北朝鮮経済制裁を解除または緩和できないからだ。中国とロシアが16日に国連安全保障理事会に提出した対北朝鮮制裁緩和決議案に対し、米国務省は直ちに反対の立場を表した。こうした点を看破した金正恩委員長は米国の交渉再開要請に目も向けない。ビーガン北朝鮮担当特別代表が最近訪韓し、北朝鮮との接触を希望したが、北朝鮮は背を向けた。中身がないものには応じないということだ。ビーガン代表は中国に向かったが、所得は少なかった。

韓半島(朝鮮半島)は2017年の危機に戻る状況だ。当時より危険で複雑だ。戦略的な状況が異なる。北朝鮮が核武装したからだ。韓国政府の南北関係改善とトランプ大統領の北朝鮮非核化交渉が事実上失敗し、北朝鮮に核武装をする時間だけを与えた。

2年前には不利だった北朝鮮が今では核兵器(20-60発)と各種ミサイルを持って大きな声を出している。北朝鮮に対する米国の軍事オプション使用も容易でない。核兵器は使用しない武器だが、相手に恐怖心は十分に与えることができる。最悪の状況では北朝鮮が核兵器を使用しないという保証もない。

こうした環境で出てくる北朝鮮の悪いプレゼントは短距離ミサイル以上の挑発とみられる。北朝鮮が今年に入って短距離弾道ミサイルと大型放射砲(多連装砲)を13回も発射したが、トランプ大統領は関心を見せなかった。短距離ミサイルがすぐに米国の脅威となることはないからだ。したがって北朝鮮が東倉里(トンチャンリ)で最近テストしたミサイルエンジンで製作したロケットに人工衛星を搭載して発射したり改良したICBMを発射する可能性に注目している。金委員長も最後の手段であるだけに慎重になるしかない。それで挑発の時期はクリスマス前後または来年初めになると考えられる。

人工衛星とICBMのうち北朝鮮が選択しやすいカードは人工衛星だ。「宇宙開発の権利がある」という論理のためだ。過去の光明星発射当時も北朝鮮はそのようにした。しかし国際社会は国連決議で北朝鮮の人工衛星打ち上げを禁止している。人工衛星を核弾頭に置き換えればICBMに変わるからだ。北朝鮮が人工衛星に偵察衛星を搭載するという見方もある。北朝鮮が核兵器の標的を確保するには偵察衛星が必須だ。米国は偵察衛星と高高度偵察機で北朝鮮内部をのぞいているが、北朝鮮にはそうでない。

人工衛星より程度が高い挑発はICBM発射だ。北朝鮮のICBM発射には4つの強度がある。その最初は最小水準のICBM発射だ。火星15(射程距離1万3000キロ)を日本列島とハワイの間に落とし、大気圏再進入能力を検証することだ。北朝鮮が2017年11月に発射した火星15は東海(トンヘ、日本名・日本海)に落ちたが、弾頭が大気圏再進入中に高熱と圧力で燃えた。

2つ目、その上の強度は多弾頭ICBMの発射だ。最近テストしたエンジンで製作したロケットに多弾頭を搭載して太平洋に発射することだ。クォン・ヨンス元国防大教授によると、2017年に発射した火星15はエンジンの推進力が低く、3、4発の小型核弾頭を搭載できないという。3つ目はさらに強い挑発だが、北朝鮮が2017年8月に設計図を公開した3段ロケット型ICBM、火星13の発射だ。軍事問題研究院のキム・ヨルス安保戦略室長は「3段型ICBMが開発されれば、多弾頭核兵器で米全域を打撃することができる」と説明した。4つ目は北朝鮮にも非常に危険な挑発となる。北朝鮮が核弾頭を搭載したICBMを太平洋に落として爆発させることだ。北朝鮮には核武力を実証する実験だが、米国は黙ってはいないだろう。 <Mr.ミリタリー>北がICBM発射しても米国の軍事オプションは困難(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP