주요 기사 바로가기

2019韓国映画TOP10…最高のヒット作は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.19 11:50
0
2019年韓国映画(洋画除外)最高のヒット作の映画は何だろうか? 映画振興委員会の韓国映画「統合コンピュータ・ネットワーク」を通じて今年一年間興行した韓国映画トップ10(洋画除外)を調べた。

1位は映画『エクストリーム・ジョブ』だった。1000万観客をはるかに超えた歴代2位にあたる1626万人の観客を動員し、2019年ヒット1位にのぼった。各種パロディ物と流行語を誕生させた。韓国映画最初にカンヌ映画祭でパルムドールを受けたポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』が2位に選ばれた。『パラサイト』は興行でも1008万人の観客を動員して作品性と興行性を同時に認められた。韓国映画で初めてアカデミー賞にノミネートされて受賞の可能性も占われている。

3位は「タタタ~タタ~」というモールス信号を流行させた映画『EXIT イグジット』が占めた。序盤の興行成績は振るわなかったが、観客の口コミで942万人の観客を動員した。引き続き映画『鳳梧(ポンオ)洞戦闘』(478万人)、『悪いやつら:ザ・ムービー』(457万人)が4位と5位に選ばれた。話題の同名小説を映画化した『82年生まれ、キム・ジヨン』は公開前から低い評価を受け韓国社会を襲ったジェンダー対立の様相を呈したこともあるが、367万人の観客を動員して6位を占めた。

続いて『金の亡者たち』(338万人)、『悪人伝』(336万人)、『最も普通の恋愛』(292万人)、『言葉集め』(281万人)が順に7~10位を占めて韓国映画のヒット上位10位入りした。だが、洋画を含む劇場興行上位10位をみると、韓国映画は4本(『エクストリーム・ジョブ』『パラサイト』『EXIT』『鳳梧洞戦闘』)だった。特に、『アベンジャーズ/エンドゲーム』『アラジン』『アナと雪の女王2』などディズニーの映画3本は合わせて1000万以上の観客を動員して洋画強勢の雰囲気を続けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2019韓国映画TOP10…最高のヒット作は?

    2019.12.19 11:50
    뉴스 메뉴 보기
    映画『エクストリーム・ジョブ』のポスター
    TOP