주요 기사 바로가기

DDP外壁に華やかなライト…光の饗宴「ソウルライト」20日開幕

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.18 17:58
0
ソウル市の東大門(トンデムン)デザインプラザ(DDP)で多様な映像や音楽などを活用した大規模な照明パフォーマンスが市民に公開される。

ソウル市とソウルデザイン財団が今年初めて公開する冬の光の祭り「ソウルライト(SEOULIGHT)」が20日午後6時、DDPサルリムト1階の市民ラウンジで開幕する。公演は同日から来年1月3日まで15日間続き、午後7時から10時まで毎時定刻から16分間行われる。

公演はプロジェクター28台とスピーカー62台を使用し、約220メートルのDDP外壁全面を背景に照明・映像及び音楽などを活用した多様な芸術を披露する。今年のテーマは「ソウル夢占い(SEOUL HAEMONG)」で、ソウルとDDPの過去・現在・未来を見せるのが主な内容だ。米国のウォルト・ディズニー・コンサートホールの外壁で公演を行ったトルコ出身の作家レフィック・アナドル(Refik Anadol)氏とAIを活用した多様な演出経験があるミン・セヒ総監督が参加した。

照明を活用した公演が続く中、DOOTA(ドゥータ)やミリオレなどDDP一帯の主要ビルも外部の照明を消し、一部の室内照明も明るさを下げるなど調整する。そのためにソウル市・中区(チュング)区庁・ソウルデザイン財団・東大門未来財団・東大門ファッションタウン観光特区協議会など9つの東大門商圏が「民官協議体」を構成した。

ソウルライトが開かれる間、様々な付帯行事も同時に行われる。周辺の小商工人が参加して様々な商品を販売する「ソウルライト・マーケット」もその1つだ。デザイン・工芸・ファッションデザイナーや東大門の小商工人など270余りの業者や個人が運営するコンテナー・テント58店が正午から夜10時まで運営される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    DDP外壁に華やかなライト…光の饗宴「ソウルライト」20日開幕

    2019.12.18 17:58
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル市とソウルデザイン財団が今年初めて公開する冬の光の祭り「ソウルライト」が20日午後6時、DDPサルリムト1階の市民ラウンジで初公開される。[写真 ソウル市]
    TOP