주요 기사 바로가기

<大リーグ>金広鉉、2年・800万ドルでカージナルス入団

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.18 16:18
0
金広鉉(キム・グァンヒョン、31)がついにメジャーリーグ(MLB)進出の夢をかなえた。2年総額800万ドル(93億ウォン、約8億7000万円)でセントルイス・カージナルスに入団した。

現地メディアによると金広鉉は18日(日本時間)、セントルイスで記者会見を開き、契約の事実を伝えながら「楽しみであると同時に身が引き締まる思い。来年は自分にとって非常に重要なシーズンになる」と語った。

17日に米国に入国した金広鉉はすぐにメディカルテストを受け、翌日に契約書にサインしてMLBに足を踏み入れた。KBOリーグの選手がポスティング(非公開入札)を通じてMLBに進出したのは2013年の柳賢振(リュ・ヒョンジン、6年・3600万ドル)、2015年の姜正浩(カン・ジョンホ、4年・1100万ドル)、2016年の朴炳鎬(パク・ビョンホ、4年・1200万ドル)に続いて金広鉉が4人目となる。

金広鉉の契約は期待以上と評価される。金広鉉は2年総額800万ドルでセントルイスに入団した。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」は「金広鉉は毎年インセンティブで150万ドルを受ける可能性がある」と伝えた。金広鉉は2年で最大1100万ドル(約128億4000万ウォン)を受ける可能性があるということだ。2016年に呉昇桓(オ・スンファン)がセントルイスに入団した当時の契約(1+1年、最大1100万ドル)と似た水準だ。

今年、斗山ベアーズで20勝3敗、防御率2.15をマークしたジョシュ・リンドブロムは17日、ミルウォーキー・ブリュワーズと契約し、3年・912万5000ドル(109億ウォン)を受ける。メジャー経験があるリンドブロムより契約期間は短いが、年平均金額は金広鉉が高い。

金広鉉は左腕エースが主に付ける背番号33に決まった。セントルイスはエースのジャック・フラハティ、マイルズ・マイコラス、ダコタ・ハドソンで第1-3先発陣を構成すると予想される。NBCスポーツは「セントルイスはカルロス・マルティネスをブルペンに置いて、金広鉉を先発で起用する可能性がある」で伝えた。特にセントルイスの主な先発投手は右投げであるため、左投げの金広鉉にはチャンスが多いと期待される。

柳賢振と共に韓国を代表する左腕投手の金広鉉は2014シーズン後にもポスティングを申請した。しかし最高額を書いて入札したサンディエゴ・パドレスとは契約に至らなかった。2017年に左ひじ靭帯の手術を受けて復活し、今年は17勝6敗、防御率2.51をマークした。SKと4年契約中だった金広鉉は球団の承諾を得てMLBに再挑戦し、ついに米国進出を果たした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>金広鉉、2年・800万ドルでカージナルス入団

    2019.12.18 16:18
    뉴스 메뉴 보기
    SKワイバーンズのエースだった金広鉉がメジャー進出に成功した。18日(日本時間)、セントルイス・カージナルスと契約した。[写真 セントルイスSNS]
    TOP