주요 기사 바로가기

韓国の今年最高ダイエット法…「ジュース」が解決者

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.17 13:45
0
1/2
リンゴ、ビーツ、ニンジンをミキサーにかけて作った「ABCジュース」。豊富な食物繊維とビタミン・無機質が含まれていてダイエットとともに肌の健康や免疫力強化にも効果がある。
今年は唯一「ジュース」がダイエット解決者として多くの関心を集めた。5日間飲めば腹回りのぜい肉が落とすことができるという「5日だけジュース」をはじめ、腹部のぜい肉と内臓脂肪を少なくする「ABCジュース」、女性芸能人が好んで飲むという「シュレックジュース」などがその主人公だ。共通点は親しみのある食材をミキサーにかけて、一日一杯飲むだけでダイエット効果を感じることができるということだ。手軽なうえに材料が持つビタミン・無機質など体にも良い栄養成分を摂取できるとあって人気を呼んだ。

最近話題になったのは「ABCジュース」だ。名前はこのジュースの材料であるリンゴ(Apple)、ビーツ(Beet)、ニンジン(Carrot)の頭文字を取ったもので、すでに米国・欧州などではデトックスジュースとして有名だ。韓国では10月初めにある健康情報番組で紹介されて話題になった。材料はリンゴ1個、ニンジン1個、ビーツ3分の1個、水200ミリリットルだけ。この材料をミキサーにかけて朝の空腹時に飲めむだけでよいが、別途の食事制限をしなくても平常時の生活パターンを変えずに負担なくできるダイエット法ということで人気が高まった。ABCジュース1杯には成人1日の摂取推奨量の半分(10g)に相当する食物繊維が含まれていてスムーズな排便活動が期待でき、腹部のぜい肉が落ちやすくなる。また、糖分が少なく熱量は150キロカロリー水準で低いほうなので、満腹感が感じられるダイエット食として適当だ。さらにリンゴ・ニンジンに含まれている豊富なビタミン・無機質には坑酸化効果があり、ビーツが持つ硝酸塩は血液循環を助けて健康の側面でも言うことなしだ。

大変なダイエットをたった5日だけすればいいというコンセプトで開発された「5日だけジュース」はさらに豊富な食物繊維含有量を誇っている。米国タレントのオプラ・ウィンフリーの主治医が提案した方法で、多くのハリウッドスターがこれを通じて5日間で5キロの減量に成功したと言われて人気を呼んだ。ABCジュースと同じように朝の空腹状態でレモン1個、パセリ60グラム、水1カップ(300ミリリットル)をミキサーにかけて飲むだけでよい。レモンのポリフェノール成分が体内に脂肪が蓄積されるのを防ぎ、パセリが持つ有効成分が脂肪燃焼を助ける。

アニメ『シュレック』の主人公のように緑色を帯びているため名付けられた『シュレックジュース』は女優イ・ハヌィがあるバラエティ番組で「早く痩せなければならないときに飲むジュース」と紹介しながらレシピを公開して話題になった。緑色野菜であるホウレンソウまたはケール3~4枚、セロリ1本、キュウリ2分の1本を基本にし、リンゴ・バナナ・トマトのうち1個を一緒に入れてミキサーにかけて飲むジュースだ。

これらのジュースに対して家庭医学科専門のイ・ギョンウ院長(アヤアロリス医院)は「ビタミンなど坑酸化成分を含んだ食材を互いにうまく組み合わせてミキサーにかけて作ったもので、排便活動を促す食物繊維を多く摂取でき、内蔵脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果がある」と説明した。だが、いくら体にいいといっても、取りすぎるとかえって毒になる場合もある。イ院長は「食物繊維の一日適正摂取量は30グラム程度なので、取り過ぎると腹痛を起こしたり下痢になったりするので気を付けなければならない」とし「ジュースによる満腹感で食事量を減らしながら良質のビタミン摂取と便秘解決を目的に活用するとよい」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP