주요 기사 바로가기

世界青少年10人に8人「運動不足」…韓国は「最悪」だった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.17 11:17
0
全世界青少年5人中4人は身体活動量が足りず、特に韓国青少年の運動不足は非常に深刻だという調査結果が出た。

世界保健機構(WHO)が2016年世界146カ国の11~17歳男女生徒の身体活動量の統計を分析した結果、世界青少年の81.10%が身体活動が不十分でWHOの勧告水準に至っていないと把握された。WHOは146カ国の青少年160万人の資料を分析してこのような結果を得た。

韓国青少年の状況は「最悪」だ。運動不足に分類された生徒の割合が94.2%で、146カ国の中で最も高かった。100人の中で94人以上の青少年が運動不足だ。特に、女子生徒の運動不足の割合は97.2%で、事実上全員が身体・精神健康の維持と発達に十分な身体活動をしていない。

WHOによると、一般的に国の所得水準と青少年の運動不足の割合は反比例する傾向を見せるが、韓国は国民所得が高く青少年の運動不足は深刻な事例に選ばれた。韓国とともに「高所得アジア・太平洋地域」に分類されたシンガポールを見ると、運動不足の割合が69.7%で韓国よりはるかに良好だ。

韓国青少年の活動量不足について研究チームは2つの要素が原因になったと説明した。経済成長とともにデジタルとスクリーン基盤の技術使用が増え、身体活動より教育を優先視する文化が大きい影響を与えたと報告書は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP