주요 기사 바로가기

米朝運命の10日間始まった…ソウルに来たビーガン氏、板門店で会合するか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.16 08:26
0
北朝鮮が「挑発プレゼント」で威嚇したクリスマスを10日後に控え南北と米国の動きが慌ただしい。北朝鮮がまた西海(ソヘ)衛星発射場(東倉里ミサイル発射場)で「重大な試験」を敢行する中で米国務省のビーガン北朝鮮政策特別代表(副長官指名者)が15日にソウルに到着した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日にビーガン代表と会い米朝非核化交渉の動力を生かすための案を議論する。

危険な年末年始に向かって進む韓半島(朝鮮半島)情勢が反転の機会を迎えるかはビーガン代表の訪韓を契機に米朝接触が実現するかにかかる。対米消息筋は「ビーガン代表が訪韓期間中に板門店(パンムンジョム)で会うことを望むというメッセージを北側にすでに投げかけて韓国にきたものと承知している。ただ米側も実現するかに対しては『状況は厳しい』としていた」と伝えた。

15日午後に仁川(インチョン)国際空港を通じて入国したビーガン代表は「最近の北朝鮮の一連の行動をどのようにみるか」「板門店で北朝鮮と接触する計画があるか」などの質問に一切答えないまま空港を離れた。彼はこれに先立ち14日の出国直前に空港で板門店接触の可能性と関連した質問に「いまは話すことがない」とした。「米国の方針は変わっておらず北朝鮮もそれをわかっている」としながらだ。北朝鮮が設定した年末の期限に執着せずに非核化対話要求を継続するという意味だ。

3日間の日程で訪韓したビーガン代表は16日から日程に本格突入する。午前にソウルの外交部に趙世暎(チョ・セヨン)第1次官を表敬訪問し、李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長と略式会見を開く。

その後青瓦台(チョンワデ、大統領府)を表敬訪問する。通常彼と会ってきた鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長や金鉉宗(キム・ヒョンジョン)安保室第2次長でなく文大統領が直接彼と面会するのはそれだけ現在の韓半島の状況に対する認識が重いという意味でもある。異例の接見を通じて青瓦台では文大統領の促進者の役割を再び浮上させる一方、万一状況が悪化しても「破局を防ぐために最後まで努力した」という政治的名分も積むことができる。文大統領はビーガン代表に会って韓半島情勢を評価し、米朝間で可能な役割をするという意志を表明するものとみられる。

だが北朝鮮は対米圧迫を継続している。北朝鮮国防科学院報道官は14日午後3時20分ごろに談話を出し、「12月13日の22時41分から48分まで、西海衛星発射場では重大な実験がまたもや行われた。朝鮮民主主義人民共和国の頼もしい戦略的核戦争抑止力をよりいっそう強化することに適用されるであろう」と明らかにした。7日の「重大な試験」から6日ぶりだ。

7時間ほど後に北朝鮮軍ナンバー2の朴正天(パク・ジョンチョン)総参謀長も「最近、行った国防科学研究実験の新しい技術は米国の核脅威を確固と、頼もしくけん制、制圧するためのもうひとつの戦略兵器の開発にそのまま適用されるであろう」と主張した。

大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発の産室として知られる国防科学院が2度目の「重大な試験」を行い、朴総参謀長が「もうひとつの戦略武器開発」にまで言及したのは「ICBM挑発を敢行できる」という米国に向けた警告メッセージだ。

ただ朴総参謀長は「われわれは、対話にも、対決にも不慣れではならない」として対話も言及した。東国(トングク)大学のコ・ユファン教授は「米朝が年内に1度は対話を試みる可能性がある。だが進展がなければ結局北朝鮮は予告通りに労働党政治局全員会議を開いて『新しい道』を明らかにし、その後人工衛星発射またはICBM挑発手順に進むだろう」と懸念する。

一部では親書外交を通じた局面反転の可能性も提起される。峨山(アサン)政策研究院のシン・ボンチョル安保統一センター長は「トランプ大統領がビーガン代表を急派したのは北朝鮮と対話しようとすることに主眼があるもので、トランプ大統領の親書を北側に伝達しようとする可能性も排除することはできない」と予想した。

だが親書はいま書くには負担になるカードという分析もある。世宗(セジョン)研究所のウ・ジョンヨプ米国研究センター長は「トランプ大統領の立場ではむしろ北朝鮮が『米国が対話を物乞いする』と逆攻勢を展開する口実を与えかねない。また、本当にトランプ大統領が親書を送ろうとするなら米朝間接触が確実ではないビーガン代表の訪韓ではなくニューヨークチャンネルを活用するのがもっと適切だろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米朝運命の10日間始まった…ソウルに来たビーガン氏、板門店で会合するか

    2019.12.16 08:26
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が16日にビーガン米国務省北朝鮮政策特別代表と面会する。写真は昨年9月11日に青瓦台で文大統領とビーガン代表が歓談する様子。[写真 青瓦台]
    TOP