주요 기사 바로가기

米ハーバード大学のアリソン教授「第2次韓国戦争の可能性高まっている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.13 10:29
0
ビル・クリントン政府で米国防総省次官補を務めたハーバード大学のグレアム・アリソン教授が米朝関係に関連して「第2次韓国(朝鮮)戦争」の可能性に言及したと日本産経新聞が13日、報じた。

同紙によると、アリソン氏は日本アカデメイアが主催した第1回「東京会議」で、米国との対立を深めている北朝鮮の核ミサイル問題について「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と話した。

アリソン氏は現在の情勢を「非常に危険な展開」と指摘しながら、年末を期限に米国に対して制裁解除などの譲歩を要求している金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が今後数週以内に関連する方針を発表するだろうとの見通しを示した。

もし米国本土の脅威になる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射や核実験などを続けた2017年11月までの状況に北朝鮮が復帰する場合、トランプ大統領がミサイル発射台破壊などの軍事攻撃を命じる可能性があるとアリソン氏は指摘した。

あわせて「第2次朝鮮戦争」に進む確率は「50%以上ではないが、かなり大きな可能性がある」と言及したという。1950~1953年の韓国戦争とは違い、今度は北朝鮮が日本を攻撃する可能性があると言及したアリソン氏は「日本や中国にも(戦争回避で)今すぐ対応すべきことがある」とも主張した。

フランスの経済学者で思想家のジャック・アタリ氏も同フォーラムで「北朝鮮は来年の大問題になる」とし「どこまでもしたいことをさせると核不拡散の終わりとなる」を述べて危機感を示したと産経は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米ハーバード大学のアリソン教授「第2次韓国戦争の可能性高まっている」

    2019.12.13 10:29
    뉴스 메뉴 보기
    米ハーバード大学のグレアム・アリソン教授が今年5月30日、済州道西帰浦市(チェジュド・ソギポシ)の済州国際コンベンションセンター(ICC)で中央日報のインタビューに答えている。ウ・サンジョ記者
    TOP